超高性能スマフォやタブレットを実現する「Tegra 4」が登場へ、性能は「Tegra 2」の20倍

このエントリーをはてなブックマークに追加



Googleの格安タブレット「Nexus 7」や富士通のスマートフォン「ARROWS」シリーズにも採用されているNVIDIAのTegraプロセッサの最新モデル「Tegra 4」が登場する見通しであることが明らかになりました。



NVIDIA Tegra 4 Leak – Quadcore CPU und 72 Grafikkerne | Mobilegeeks.de | Allgemein

ドイツのモバイル系ニュースサイト「Mobilegeeks」が報じたところによると、「Wayne」というコードネームで開発されているNVIDIAの「Tegra 4」の詳細がリークされたそうです。

「Tegra 4」は28nmプロセスで製造されることでさらなる低消費電力を実現するほか、「Tegra 3」と同じくCPUにクアッドコアと省電力コアの「4-PLUS-1」構成を採用。さらに「Tegra 3」の6倍、「Tegra 2」の20倍にあたるグラフィック性能を実現する72コアのGPUを搭載しているとのこと。

これが「Tegra 4」の詳細。2560×1600の超高解像度ディスプレイのサポートや毎秒120フレームのフルHD動画再生、画像の高速表示やUSB 3.0への対応など、高性能なモバイル端末を実現できる仕様となっています。


Tegraプロセッサのロードマップ。「Tegra 4(Wayne)」の後には「LOGAN」「STARK」が控えており、最終的にはTegra 2と比較して100倍近いパフォーマンスを実現する予定。なお、Tegra 4ではLTEモジュールの内蔵は見送られる見通しです。


ちなみに気になる「Tegra 4」の登場時期ですが、2013年2月にスペインで行われる「Mobile World Congress」で正式発表が行われるのではないかとみられているため、搭載端末が発売されるまで今しばらく時間がかかりそうです。

・関連記事
「HTC J butterfly」を超える「HTC M7」登場か、フルHDのWindows Phone 8端末は登場せず | BUZZAP!(バザップ!)

5インチフルHDのXperia、Galaxy、Optimusシリーズが続々登場へ、HTCやシャープに続いて | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 10」「Nexus 7(32GB)」「Nexus 4」とAndroid 4.2発表、iPad圧倒でタブレット市場が変わる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

もう何も熱くない、動きも快適な「ARROWS V F-04E」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

iPadや他社製タブレットを上回る「Kindle Fire HD」2機種をAmazonが発表、「Kindle Paperwhite」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加