しつこい「フレッツ光」「auひかり」「Yahoo!BB」などの勧誘電話や訪問を止める方法

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロードバンドの主役がADSLから光ファイバーへと移行して久しい昨今ですが、各社が契約者争奪戦に明け暮れる中でひときわ鬱陶しく感じるのがサービスへの勧誘。

すでに別のサービスを契約していてもお構いなしに行われるほか、ひどいときには今契約しているサービスと同じものを薦められたり、「ADSLが無くなる」といった虚偽の内容で勧誘するケースまであるわけですが、勧誘を停止する方法を各社が案内しています。



◆NTT東日本・NTT西日本「フレッツ光」
まずはNTTグループの「フレッツ光」。東西で窓口が異なるため、電話の際は注意が必要ですが、NTT東日本は「0120-849-994」、NTT西日本は「0120-019-390」に電話することで、勧誘電話を停止することが可能。なお、NTT東日本は勧誘電話だけでなく訪問についても停止できるとしています。

フレッツ光サービス等の勧誘停止登録の受付について


お問い合わせ|NTT西日本


◆KDDI「auひかり」
続いてはKDDIの「auひかり」。「0077-777」または「0120-22-0077」のKDDIお客さまセンターで勧誘電話の停止を受け付けています。

auひかりサービスの勧誘停止登録の受付について | トピックス | KDDI株式会社


◆ソフトバンク「Yahoo!BB」
そしてYahoo! BB会員に対してソフトバンクBB本体やYahoo! BBをかたるなど、自社名を名乗らない業者による電話や「ADSLがなくなる」といった虚偽の内容での勧誘など、悪質な電話勧誘が発生しているとされるソフトバンクは「0800-1111-184」で電話勧誘による苦情を受け付けているとのこと。

お知らせ(2012年)|Yahoo! BBサービス|ADSL・光・ブロードバンド|SoftBank


ちなみにやはり気になるのが、これらのサービスを利用して勧誘を停止したにもかかわらず、手続きが反映される一定期間(1週間程度)を超えても勧誘が行われる場合のこと。

そのような勧誘を行うのはルールを完全に無視した悪質な代理店であると思われるため、代理店名や担当者名、発信元の番号、勧誘内容などをメモした上で再度各社の窓口に連絡すると、「代理店に対するペナルティ」という形で一矢報いることもできそうです。

・関連記事
「ソフトバンクの4G LTEがエリア、速度共に最強」というMM総研の比較調査がおかしい | BUZZAP!(バザップ!)

携帯各社のWi-Fiスポット干渉問題はテザリング解禁でさらに悪化、対策に乗り出す国も | BUZZAP!(バザップ!)

「やりましょう」の舞台裏?孫正義氏に要望を出すTwitterアカウントの謎 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモやauと逐一比較してLTEなどの優位性を主張するソフトバンク、実際のところはどうなのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加