風邪をひいたときはビールを飲むといいかもしれません

このエントリーをはてなブックマークに追加



寒さや空気の乾燥で風邪をひきやすい昨今ですが、対策としてビールを飲むといいかもしれないことが明らかになりました。



Got a cold? Have a beer

この記事によると、ビールの主原料の1つである「ホップ」に風邪のような症状を引き起こすウイルスに抵抗できる化学物質が含まれていることが明らかになったそうです。

これは国内大手のビールメーカー、サッポロビールが札幌医科大学の研究者と行った調査から明らかになったもので、ホップに含まれる「フムロン」と呼ばれる化合物が子どもの気管支炎や肺炎を引き起こす「RSウイルス」に対して有効であるとのこと。

しかしながらビールに含まれるフムロンは少なく、十分な効果を得るためにはビールを約30缶飲まないといけないという問題があり、現在ホップからフムロンを分離してほかの食品やノンアルコール飲料に添加する方法が検討中。

なお、無事に食品などへの添加に成功した場合でも、フムロンには苦みがあるため、子どもに与えるのが難しいのではないかという懸念もあるとされています。

・関連記事
寝ている間に視力を改善、裸眼で生活できるようになるコンタクトレンズ「ブレスオーコレクト」 | BUZZAP!(バザップ!)

おっぱいを揉むと乳がん予防になるという驚きの研究結果 | BUZZAP!(バザップ!)

原子爆弾の爆心直下に生身で立つ5人のボランティアの衝撃的な映像 | BUZZAP!(バザップ!)

人はなぜ許し、忘れるべきなのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加