「マンガ大賞2013」ノミネート作品発表、暗殺教室や海街diary、テラフォーマーズなど

このエントリーをはてなブックマークに追加



「今どの漫画が面白いのか」の指標として活用され、受賞作が書店で強くプッシュされることでもおなじみの「マンガ大賞」2013年版のノミネート作品が決定しました。



マンガ大賞2013



書店員を中心とした有志による選考委員・実行委員が、その年の1月1日から12月31日に出版された単行本のうち、最大巻数が8巻までの作品を対象に「今一番フレッシュなマンガ」を投票で決める「マンガ大賞2013」の公式サイトでは、本日付けでノミネート作品が発表されています。

主なノミネート作品は以下の11作品。「魔人探偵脳噛ネウロ」で知られる松井優征の『暗殺教室』や「BANANA FISH」「吉祥天女」で知られる吉田秋生の『海街diary』、猟銃や罠を使って実際に狩りをする様子をまとめた岡本健太郎の『山賊ダイアリー』、火星で進化したゴキブリと激闘を繰り広げる貴家悠原作・橘賢一作画の『テラフォーマーズ』などがラインナップされています。

『暗殺教室』松井優征
『海街diary』吉田秋生
『乙嫁語り』森薫
『俺物語!!』 原作:河原和音 作画:アルコ
『山賊ダイアリー』岡本健太郎
『テラフォーマーズ』原作:貴家悠 作画:橘賢一
『人間仮免中』卯月妙子
『ハイスコアガール』押切蓮介
『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍
『ボールルームへようこそ』竹内友
『九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子』九井諒子


なお、今後は選考員が全ノミネート作品を読んだ上で二次選考を行い、1~3位を選定。ポイント制で集計を行った上で、1作品を「マンガ大賞」に選出する予定。新進気鋭の漫画家の作品から大御所の作品まで、幅広いラインナップとなっていますが、これを機に読んでみると、新しい世界が広がることになりそうです。

・関連記事
新作アニメ「攻殻機動隊 ARISE」制作決定、STAND ALONE COMPLEXとは別作品に | BUZZAP!(バザップ!)

本物のプロが同人誌を翻訳してくれる「Doujinshi Translation.jp」登場、海外向け販売で無断転載に歯止めも | BUZZAP!(バザップ!)

科学とマンガとアートが高次結合したJohnHathwayの「不思議の国のElectricAlice」展 | BUZZAP!(バザップ!)

「黒執事」がまさかの実写映画化決定、セバスチャンは水嶋ヒロに | BUZZAP!(バザップ!)

リアルなオチョナンさん登場か、「不安の種」実写映画化決定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加