悪夢に出てきそう、サイバーパンクな空中浮揚ヒューマンビートボックス動画

このエントリーをはてなブックマークに追加




道着に身を包んだ男が声だけで曲を演奏しつつ空中浮揚する、どうにも不気味で癖になりそうな作品が発表されました。

Ksana Instituteの発表したこの動画、がらんどうの白い部屋で坐禅を組むようにして佇むひとりの道着の男性が映し出されます。


そしてヒューマンビートボックスのように声だけで楽曲を紡ぎだすと同時に画面中を動きまわり、やがては空中浮揚を始めます。楽曲はダブステップともドリルンベースともつかない不思議なもの。サイバーパンクの極北のような無色彩な重苦しい音でどうにも癖になります。


ホームページには発声によって空中浮揚を可能にするとの怪しげな記載が。どうやら実験シリーズの最初の1作目のようなので、今後さらにドープな作品が見られるかもしれません。



・関連記事
1枚の紙から作られたダンス・ミュージック BUZZAP!(バザップ!)

氷で自作するアナログ・レコード、もちろん聴けます BUZZAP!(バザップ!)

アナログなDTMマシン?紙とフェルトペンで音楽を作れる謎過ぎるデバイス「Dyskograf」 BUZZAP!(バザップ!)

バーニング・マンで撮影された、フラフープの内側に取り付けられたビデオカメラから見る世界がすごすぎる! BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリンターで音声データからアナログ・レコードが作成可能に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加