新型WiMAXルーター「Aterm WM3800R」登場、スマフォへの給電やリモート起動対応で名刺サイズに

このエントリーをはてなブックマークに追加



国内唯一となる通信量・通信速度無制限の高速通信サービスを提供しているUQコミュニケーションズが新型WiMAXルーター「Aterm WM3800R」を発表しました。

スマートフォンやタブレットからのリモート起動や給電機能を備えるなど、モバイル機器との連携を進めたほか、非常にコンパクトなサイズを実現しています。

※WiMAXハイパワーへの対応状況を問い合わせ、追記しました。



WiMAX Speed Wi-Fi の新ラインナップについて(NECアクセステクニカ製新モバイルルーター) | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社はモバイルルーター「WiMAX Speed Wi-Fi」の新ラインナップとして、「Aterm WM3800R」を2013年2月7日(木)からUQ WiMAXオンラインショップで発売するそうです。

「Aterm WM3800R」は国内のモバイルルーターとして初めてバッグなどに入れたまま本体に触れることなく、スマートフォンからルーター本体の「リモート起動」や休止状態への移行が可能となったモデルで、WiMAXモバイルルーターで国内初となる「スマートフォンへの給電機能」も搭載。Wi-Fiが利用できるまで約6秒のクイック起動を実現しています。


カラーバリエーションは3色。前モデル「WM3600R(95mm×70mm、110グラム)」からほぼカードサイズの89.6mm×52mm、80グラムと小型化を実現しており、バッテリー駆動時間は最大約8時間。なお、UQコミュニケーションズに問い合わせてみたところ、電波を拾いやすくなり、通信が安定する「WiMAXハイパワー」にも対応しているとのこと。





本体価格は1年契約で月額3880円の「UQ Flat 年間パスポート」で4800円、クレードルセットでも6800円です。


「Aterm WM3800R」の製品情報は以下。

Aterm WM3800R|UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット


・レビュー記事
新型WiMAXルーター「Aterm WM3800R」発売前レビュー、WM3500RやWM3600Rよりも圧倒的にコンパクトに | BUZZAP!(バザップ!)



・関連記事
なんとLTEやWiMAX、3Gの通信速度も最大2倍に、NECの新技術「EBG構造」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

モバイル通信を5倍、ファイル転送を30倍高速化する新しいデータ転送方式を富士通が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXが全国エリアカバー完了、基地局整備の大幅前倒しや黒字化、「WiMAX 2+」への展望も | BUZZAP!(バザップ!)

これでコミケも一安心、UQ WiMAXの「仮設基地局」は手作り感満載 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「HTC J(ISW13HT)」が機種変更でも処分価格に、コストパフォーマンスは絶大 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加