ペットの亀が30年ぶりに鍵のかかったガラクタ部屋から発見される

このエントリーをはてなブックマークに追加




亀は万年とも言いますが、ブラジルで30年忘れ去られていたペットの亀が生きたまま再び発見されました。

動物の中には何週間、時には何ヶ月もほとんど餌なしで生き延びることのできる種族が存在しています。この亀は30年間、鍵のかかった部屋の中で生き延びていたとのこと。

亀のManuelaがブラジル、リオデジャネイロのとあるお宅で行方不明になったのは1982年のこと。飼い主のAlmeidaさん一家は、工事中だった自宅の作業員がドアを開けっ放しにしていたため、Manuelaがそこから逃げ出したとずっと思っていました。

ですが今月のはじめに父親のLeonelさんが亡くなり、Almeida家の子供たちはLeonelさんがガラクタの電気機器を放り込んで鍵を閉めたままにしていた2階の部屋の掃除をはじめました。

Leonelさんの息子のLeandroさんが古いレコードプレーヤーの入った箱をゴミ回収業者が持っていくように家の前の歩道においておいたところ、近所の人に「まさかその亀も捨てちゃうんじゃないだろうね!?」と言われてびっくり。自分の目が信じられなかったと言います。


娘のLanitaさんによると、大量のガラクタ電気機器は父のLeonelさんが他の電気機器を直すための部品取りに使うジャンク品として拾い集めて来たものとのこと。なので他の家族は誰も入ろうとしませんでした。

いったいManuelaはどうやって生き延びたのでしょうか?リオデジャネイロの獣医のJeferson Piresさんによると、Manuelaはアカアシガメと呼ばれる種類の亀で2~3年は餌なしで生き延びることができます。野生では果物や木の葉、死んだ動物から糞便まで何でも食物として摂取しており、Manuelaはこの部屋の中でシロアリなどの虫を食べて生き延びてきたのではないかとのこと。

この状況、人間には絶対生き延びられませんが、Manuelaたち亀から見たらむしろ静かでいい環境だったのかったのかもしれません。

Tortoise 'survives in locked store room for 30 years' - Telegraph

亀のひみつ
亀のひみつ
posted with amazlet at 13.01.31
田中美穂
WAVE出版
売り上げランキング: 62,271



・関連記事
50年以上前になくした自転車が「木の中」で発見される BUZZAP!(バザップ!)

カムチャツカ半島の動物たちと壮大な自然を捉えた、厳しくも美しい写真32枚 BUZZAP!(バザップ!)

世界最大の鶏の卵を割ると、中から出てきたのは…? BUZZAP!(バザップ!)

ド迫力のアムールトラやオオカミも、ロシアにある雪だらけのサファリパーク BUZZAP!(バザップ!)

ネットオークションの商品写真に裸で写り込んでしまった出品者たち BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加