50年以上前になくした自転車が「木の中」で発見される

このエントリーをはてなブックマークに追加


photo by fixedgear

50年以上前に行方の分からなくなったプレゼントの自転車。今になって驚くべき場所にあるのが見つかりました。

ワシントン州に住む99歳のおばあちゃん、Helen Puzさん。彼女は旦那さんを亡くした1954年にご近所さんから女の子用の自転車をプレゼントされました。

「近所の人たちはみんなとても未亡人になった私に同情してくれて助けてくれたの。私たちは女の子用の自転車を贈られたけど、それは8歳の息子Donが乗るにはちょうどいいように見えたわ。」

でも息子のDonはその女の子用の自転車が気に入らず、ある日「無くして」しまいます。

いつしかそんなことは忘れ去られて半世紀以上が経ち、ある日「自転車が木の中に埋もれている」というニュースを聞いて親子が見に行ってみると…。



そこで木に呑み込まれていたのは間違いなく息子があの時無くしたはずの女の子用自転車。置き去りにされた自転車が長い時間をかけ、木が成長するにつれて呑み込まれてなんと1.5mの高さにまで押し上げられていったのでした。

いろいろと複雑な思い出のこもった自転車ですが、持ち帰るのはさすがに無理そう。これが歴史というものなんでしょうか?

Long lost bike found inside tree Orange UK

(photo by fixedgear



・関連記事
逆再生された花火の映像が目まいがするほど美しい BUZZAP!(バザップ!)

一見何の変哲もない街角のお店で、突然始まる無人音楽ショーがとても素敵 BUZZAP!(バザップ!)

キツネが盗んだ携帯電話から送信された謎のEメール BUZZAP!(バザップ!)

これは怖い!エレベーターの幽霊少女ドッキリが本気過ぎて心臓麻痺レベル BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加