素材を変えた「廉価版iPhone」をAppleが検討中、低価格でAndroidに対抗か

このエントリーをはてなブックマークに追加



「iPhone 5S」や「第5世代iPad」登場の話も聞こえる中、Appleが従来よりも手ごろな価格を実現した「廉価版iPhone」を検討していることが明らかになりました。



Apple Working On a Less-Expensive iPhone - WSJ.com

ウォールストリートジャーナル紙の報道によると、ローエンドのスマートフォン市場を制するために、Appleが手ごろな価格の「廉価版iPhone」の導入を検討していることを関係者が明かしたそうです。

廉価版iPhoneは数年にわたって検討されてきましたが、ようやく2013年下半期に導入できる見通しになったと関係者は明かしており、基本的に通常のiPhoneと似たデザインになるとのこと。

しかしながらコストカットのため、iPhone 5で採用されているアルミニウム製ボディからポリカーボネートプラスチック製に変更されるほか、各部品については旧モデルと同じものになる可能性があるとされています。

iPhone 4Sと同じCPUにiPhone 5と同じ解像度のRetina Displayを備えた第5世代iPod touchが2万円台で販売されている現状を考えると、実現にあたってのハードルは決して高くない廉価版iPhone。

報道ではAppleが計画を撤回する可能性を残している旨も記されていますが、実現すれば新興国市場だけでなく世界各国でのさらなるシェア拡大が見込めるのは間違いなく、あれだけ渋っていた7インチタブレット市場に「iPad mini」で参入した経緯を考えても、いつかは踏み切るのではないか……という気がしなくもありません。

・関連記事
8000円台の「ICONIA TAB」登場か、「廉価版Nexus 7」にAcerが対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

1万円程度で買える「廉価版Nexus 7」登場か、製造コストを大幅引き下げ | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」や「第5世代iPad」は2013年前半に登場か、新製品サイクルが1年から半年に | BUZZAP!(バザップ!)

「iPad mini 2(仮)」開発中、新たにRetina Displayを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPad miniや第5世代iPod touch購入時の注意点、気になる「Apple A5」搭載モデルの製品寿命 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加