KDDIの「通信の最適化」はすでに導入済みで任意に解除可能、詳細を問い合わせてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年2月にKDDIがスマートフォン向けに画面の表示速度や動画の再生開始時間を早くするため「通信の最適化」を実施する予定であることをお伝えしましたが、いつの間にかスタートしていることが明らかになりました。



ISフラット | 割引サービス | au

LTEフラット (パケット通信料定額サービス) | 料金・割引 | au

KDDIの携帯電話ブランド「au」公式ページに掲載された、パケット定額プラン「ISフラット」および「LTEフラット」の詳細ページによると、以下のファイルを対象に、画面の表示速度や動画の再生開始時間を早くするための通信の最適化を行う場合があることが告知されています。なお、HTTPS通信やEメール添付ファイルは最適化の対象外。

画像ファイル:BMP、jpg、gif、PNG形式
動画ファイル:MPEG、AVI、MOV、FLV、MP4、3GP、WebM、ASF、WMV形式


昨年3月に導入予定と告知されていた「通信の最適化」ですが、その後アナウンスが無かったため、BUZZAP編集部で導入された時期やYouTubeなどの各種サービスについても対象となるのかどうかをKDDI広報部に問い合わせてみたところ、以下のような回答が寄せられました。

KDDI広報部:
通信の最適化については、LTE導入時(昨年9月)に弊社HPにおいて「ISNETのパケット通信において、以下のファイルを対象に、画面の表示速度や動画の再生開始時間を早くするための通信の最適化を行う場合があります」という記載に変更することでご案内しております。また、サービスに関わらずファイルの形式が該当すれば規制の対象となります。


ちなみに「通信の最適化」はスマートフォンの画面に適したサイズに画像を圧縮・変換することを指しており、圧縮されたデータを元に戻すことはできないため、画像や動画が劣化する可能性があるわけですが、必要としないユーザーに対しては「お客さまセンター (157)」で非適用の手続きが可能とされています。

少女革命ウテナ Blu-ray BOX 下巻
キングレコード (2013-02-27)


・関連記事
ソフトバンクモバイルは「通信の最適化」をすでに実施中、その内容は? | BUZZAP!(バザップ!)

Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

auケータイのデータ通信速度制限、条件が緩和される | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモ版iPhone5S」を警戒、KDDIがスマートフォンの下取りを準備中であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加