「Galaxy S IV」の本体写真が流出、3月14日に正式発表へ



以前詳細なスペックが流出したSamsungの最新スマートフォン「Galaxy S IV」の本体写真が流出しました。

まもなく正式発表が行われる同モデルですが、一足先に全体像をチェックできます。



三星Galaxy S IV - SAMSUNG

これが「Galaxy S IV」本体とされる写真。やや丸みを帯びており、非常に狭額縁になっているのが特徴です。


メタリックなフレームの薄型ボディを採用


背面



Android 4.2.1を採用。流出したモデル名は「GT-I9502」です。


AnTuTuベンチマークのスコアは以前報じられたスコアをさらに上回る26118。


CPUのクロック数は1.8GHzでGPUにPowerVR SGX 544MPを採用。ディスプレイ解像度は1920×1080です。


カメラの画素数は1280万画素。


画面はこんな感じ



電池パック部分


なお、Samsungは現地時間の3月14日にアメリカで同モデルを正式発表する予定。先だってティザー広告が公開されていますが、今回流出した写真と非常に酷似していることが分かります。

Twitter / SamsungMobileUS: The countdown for ...



・関連記事
「iPhone 5S」や「Galaxy S IV」はワイヤレス充電に対応か | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone獲得を否定したドコモの切り札「Tizen」スマートフォン、第1弾はSamsung製か | BUZZAP!(バザップ!)

スマフォ向け8コアCPUの開発が一時中断、当面はクアッドコアが主流に | BUZZAP!(バザップ!)

「Galaxy S IV」のスペック流出、8コアCPU搭載で性能は40%向上か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング