「ドコモメール」さらに延期、spモードメール現役続行へ



2012年冬モデルの発売に合わせて提供する予定だったものの、気がつけば3月提供予定に延期されていた新メールサービス「ドコモメール」の提供を、NTTドコモがさらに延期することが明らかになりました。



報道発表資料 : ドコモメールの提供開始時期を変更 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2013年3月に提供を予定していた「ドコモメール」について、サービス品質のさらなる強化を行うため、提供開始時期を変更することを決定したそうです。提供開始時期は未定で、決まり次第改めて告知するとのこと。

ドコモメールは全体的な操作性の向上に加え、最大1GBのクラウドメールサーバーを利用することでスマフォだけでなくタブレットやパソコンからもメールを利用できるようになるなど、使い勝手を大きく刷新したのが特徴。


ストレス無く操作できる上に、機種変更時のわずらわしさを無くすことができるようになるといったメリットがあります。


動作が不安定になりがちで、アップデートによって「文字が打てなくなった」などの怒りの声も挙がっていた現行のspモードメールですが、ユーザーは今しばらく使い続けるしかなさそうです。


・関連記事
さらばspモードメール、新サービス「ドコモメール」はスマフォやタブレット、PCから利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「文字が打てない」など怒りの声も、spモードメールがアップデートで大炎上中 | BUZZAP!(バザップ!)

原因は「にわか臭」?ドコモの「dアニメストア」CMに感じるぎこちなさ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ版スマートパスこと「スゴ得コンテンツ(仮)」開始へ、HTML5アプリ開発も | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモ版iPhone」「ドコモ版iPad」そろって登場か、Appleが再び技適を通過させる | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング