「Galaxy S IV」を詳細なスペック付きで解説、8コアCPU搭載やHEVC対応も



先ほど発表された「Galaxy S IV」の詳細なスペックを高解像度画像と共にお伝えします。



「Galaxy S IV」本体。5インチフルHD(1920×1080)の有機EL「Super AMOLED」や1.6GHzの8コアCPU(携帯電話事業者によって1.9GHzのクアッドコアCPUの場合も)、2GB RAM、30fpsのフルHD動画撮影が可能な200万画素フロントカメラを搭載。今まで以上の狭額縁化を実現しています。


左側面と右側面


背面には1300万画素カメラ。詳細な機能はこちらの記事を参照。




ホワイトモデル


左側面と右側面


背面




詳細な仕様。OSのバージョンはAndroid 4.2.2で、各市場に合わせた最大6つのバンドのFDD-LTEに加えてTD-LTEにも対応。次世代動画圧縮形式「H.265/HEVC」もサポートしています。


NFCやIEEE802.11 ac対応の無線LANも利用可能。Samsung独自の各種機能が投入され、16GB・32GB・64GBモデルがラインナップ。新たに温度・湿度センサーやジェスチャー操作機能も組み込まれています。


さらなる詳細なスペックは以下から。

Samsung Mobile Press


・関連記事
今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5Sや第5世代iPadの性能向上は期待薄か、新型プロセッサ「Apple A7」はiPhone 6以降に搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone獲得を否定したドコモの切り札「Tizen」スマートフォン、第1弾はSamsung製か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング