iPhone 5Sや第5世代iPadの性能向上は期待薄か、新型プロセッサ「Apple A7」はiPhone 6以降に搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型iPadは早ければ4月、「iPhone 5S(仮)」とされる新型iPhoneは夏にも発表される見通しの昨今ですが、性能面での進化はあまり期待できないことが明らかになりました。

本格的なスペックアップはiPhone 6以降になるようです。



◆期待の新型プロセッサ「Apple A7」は2014年出荷開始
TSMC to tape out Apple A7 processor in March, say sources

Intel may obtain 10% of Apple A7 processor orders, say institutional investors

これらの記事によると、クアルコムやNVIDIA、AMD、VIA、Marvellといった名だたる半導体企業が製造委託を行っている、世界最大級の半導体製造企業「TSMC」がAppleの新型プロセッサ「Apple A7」の設計の最終段階を迎えるそうです。

Apple A7は今年夏にリリースされるクアルコムの「Snapdragon 800プロセッサ」などが採用している製造プロセス(28nm)よりもさらに微細な20nmプロセスを用いて製造される予定で、これにより消費電力や処理性能がさらに向上する見通し。

TSMCだけでなくIntelも全体の10%程度の製造に加わると報じられていますが、肝心の商業出荷は2014年第1四半期になるとされているため、今年発売されると見込まれるiPhone 5Sや第5世代iPad、iPad mini 2などに「Apple A7」は搭載されないことになります。

◆iPhone 5Sは若干のスペックアップ、第5世代iPadはほぼ進化せず?
AppleはiPhoneをリリースするごとにその性能を向上させており、仮にiPhone 5を2世代前のiPhone 4を比較すると、単純計算でCPU性能は4倍、グラフィック性能に至っては14倍にまで進化させてきたことになります。

・iPhone 5(Apple A6搭載)
iPhone 4Sと比較して2倍の処理速度と2倍のグラフィック性能

・iPhone 4S(Apple A5搭載)
iPhone 4と比較して2倍の処理速度と7倍のグラフィック性能

しかしながら「Apple A7」のリリースが来年になるということは、必然的に今年発売される各モデルにはiPhone 5の「Apple A6」または第4世代iPadの「Apple A6X(A6のグラフィック性能を2倍にしたモデル)」が搭載されることに。

AppleがiPhone 5SにA6Xを搭載すればグラフィック面での進化は期待できますが、それでも従来と比較してスペックアップが小幅に収まる上に、iPadについては現行を上回るプロセッサが存在しないことから、別途マイナーチェンジを施したApple A6がリリースされない限り、ほぼそのままのスペックとなる公算が高いのが現状。

このままではディスプレイやLTEをはじめとする各種通信機能、カメラ周りの改善にとどまることになると思われるiPhone 5Sや第5世代iPadとは対照的に、現行モデルがiPhone 4Sと同じ「A5」を搭載しているiPad miniは唯一モデルチェンジで大きく進化することが期待されますが、はたしてAppleは各モデルにどのような革新を加えてくるのでしょうか。


・関連記事
ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「iPhone 4S」を販売開始へ、パケット料金も大幅割引 | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモ版iPhone」「ドコモ版iPad」そろって登場か、Appleが再び技適を通過させる | BUZZAP!(バザップ!)

iPad miniや第5世代iPod touch購入時の注意点、気になる「Apple A5」搭載モデルの製品寿命 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加