iPhone 5Sは8月発売予定、iPad mini 2や第5世代iPadは4月にも発売か



かねてから現行モデル発売から1年後の9月ではなく、夏ごろ発売とウワサされてきた新型「iPhone 5S」ですが、新たに8月発売予定説が浮上しました。

また、iPad mini 2や第5世代iPadは早ければ4月にも登場する見通しとされています。



iPhone 5S planned for August, next iPads may debut as soon as April | iMore.com

今までAppleのリーク情報に関して高い確度を誇ってきたとされる「iMore」が報じたところによると、Appleは8月にiPhone 5S、早ければ4月にもiPad mini 2および第5世代iPadを発売する予定であることを関係筋が明かしたそうです。

iPhone 5SにはiPhone 5より高速なプロセッサと高画質なカメラが搭載される見通しとされており、本体デザインはAppleが技術の粋を凝らして実現したiPhone 5のデザインと同じものになるとのこと。

また、iPad mini 2および第5世代iPadについては早ければ4月発売とされていますが、確度自体は高くなく、ずれこむ可能性もある模様。また、iPad mini 2についてはすでに報じられている通り、Retina Display搭載の可能性が言及されています。

ちなみにAppleは第4世代iPadを第3世代モデルの発売から8ヶ月足らずで発売していましたが、もし本当に第5世代モデルが4月発売であれば、iPadの販売サイクルは従来の1年から半年にまで縮められることに。

なお、AppleはiPad miniおよびiPad Retinaディスプレイモデルにおいて、従来の「CDMA2000対応モデル」や「W-CDMA対応モデル」などの区別を無くす(北米市場向けモデル除く)ことに成功。すでに地域や通信方式にとらわれず、新モデルを効率良く展開できる体制を整えています。


・関連記事
「ドコモ版iPhone」「ドコモ版iPad」そろって登場か、Appleが再び技適を通過させる | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが「iPhone 4S」を販売開始へ、パケット料金も大幅割引 | BUZZAP!(バザップ!)

auとソフトバンクのiPhoneなどを詳細に比較した「モバイルトレンド」がある意味分かりやすい | BUZZAP!(バザップ!)

「有機ELは色彩が酷くて暗い」、Appleのティム・クックCEOがGalaxyシリーズを暗に批判 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング