物忘れをした時は焦らず、ローズマリーのアロマオイルを嗅いでみましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加



日常生活を送る中でなかなかストレスフルなのが、物忘れをしてしまった時。

特に今からすることや、スーパーで買わないといけないものを忘れてしまった時は非常に困るわけですが、そんな時にローズマリーに頼る価値があるかもしれないことが明らかになりました。



Why a whiff of rosemary does help you remember | Mail Online

イギリスのDailymail紙が報じたところによると、イギリス・ニューキャッスルのノーサンブリア大学の心理学者たちが、ローズマリーのアロマオイル(精油)が脳に及ぼす効果を実験したそうです。

行われた実験はローズマリーのアロマオイルの香りをふりまいた部屋と、そうでない部屋に66人の人間を無作為に配置し、記憶力をテストしてもらうというもの。

その結果、アロマオイルを嗅いだグループがやるべきことを7つ覚えていられたのに対して、嗅いでいない層は4つにとどまるなど、2つのグループの間で60~75%の違いが生まれる結果となったことを研究者の1人、Jemma McCreadyさんは明かしています。

なお、これまでの研究ではアロマオイルの揮発性分子は鼻から血流に吸収されることや、含まれる化学物質が直接鼻嗅神経を刺激することで脳機能に影響を及ぼすことが示唆されていましたが、今回の実験はそれを裏付けるものとのこと。

また、この研究結果を受け、今後記憶障害を持つ個人を治療する可能性についても期待されているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加