iPhone導入待ったなし、ついにNTTドコモがスマートフォン販売目標未達

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモのスマートフォン販売が振るわないことが明らかになりました。

背景には他社のiPhone人気があるとされ、「iPhone導入待ったなし」となりつつあるのが現状です。



ドコモ、スマホで初の目標未達 iPhone人気に押され顧客流出 (1/3ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、2012年度のNTTドコモのスマートフォン販売台数が目標の1400万台を割り込んだことが明らかになったそうです。実際の販売台数は1330万台とみられ、目標を70万台近く下回ったとのこと。

背景にはiPhoneを販売しているKDDIやソフトバンクモバイルに顧客が流出したことが挙げられており、2012年度のMNPによる他社への流出数は141万人を突破しています。

なお、NTTドコモは「Galaxy S」や「Xperia」シリーズなどを主力機種として販売しており、今年1月に行われた決算発表会では冬モデルの「Xperia AX」「AQUOS Phone ZETA」が順調な売り上げであったことをアピールしていました。


しかしながらKDDIやソフトバンクモバイルも「HTC J butterfly」や「AQUOS Phone Xx」といったNTTドコモの主力機種に張り合えるフラッグシップAndroidスマートフォンを提供するなど、iPhoneと合わせて強固なラインナップを展開しているのが現状。

その中でNTTドコモはAndroidのみを武器として戦ってきたわけですが、これ以上契約数純減や販売不振が続くようであればユーザーからの要望だけでなく、NTT本体からの圧力など、さまざまな要因からiPhoneを扱わざるを得ない状況となりそうです。


・関連記事
NTTドコモ加藤社長がiPhone獲得交渉を否定、Samsungなどと新OS「Tizen」に注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTドコモ版iPhone」発売に必要な条件が判明、実現すれば国内メーカー壊滅も | BUZZAP!(バザップ!)

「ドコモメール」が10月下旬に再延期、正式発表から1年後に提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついにNTT本体がドコモにiPhone取り扱いを要求し始める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加