【写真追加】フルセグ&フルHDなどを詰め込んだ「AQUOS PHONE Xx 206SH」速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルの2013年夏モデル発表会でお目見えした、フルセグスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 206SH」のレビューをお届けします。



「AQUOS PHONE Xx 206SH」本体。5インチフルHD液晶にクアッドコアCPU(1.7GHz)を備え、フルセグにも対応したモデル。


背面には暗いところでも撮影できる、F値1.9を実現したシャープ独自開発の1310万画素カメラ


側面



上部にはSIMおよびmicroSDXCカードスロット、電源ボタン、イヤホンジャック


アンテナを伸ばしたところ。ちなみに展示会場は地下2階であったため、本体のアンテナだけではフルセグの受信がうまくいかない場合がありましたが、電波状況が良いところでは視聴可能です。


付属のクレードル。屋内用アンテナを接続すれば安定したテレビの視聴が可能になります。なお、説明員によると地デジの視聴は最大2時間。フルセグのビットレートそのままで録画するため、64GBのメモリカード使用時は約8時間録画できるとのことです。




以下はムービーレビュー。

AQUOS PHONE Xx 206SH外見レビュー - YouTube


AQUOS PHONE Xx 206SHをざっと触ってみた - YouTube


フルセグ視聴可能なAQUOS PHONE Xx 206SH - YouTube


AQUOS PHONE Xx 206SHでフルセグとワンセグ切り替え - YouTube


卓上ホルダは前面にスピーカーを搭載。これにより大音量でテレビを視聴できるようになっています。

大音量で地デジを楽しめる206SHの卓上ホルダ - YouTube


<スペック>
ディスプレイ:約5.0インチフルHD(1920×1080)S-CGSilicon液晶
CPU:Snapdragon 600「APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)」
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1310万画素
フロントカメラ:207万画素
バッテリー容量:3080mAh
OS:Android 4.2
備考:フルセグ、IEEE 802.11ac、microSDXCカード対応

2013年夏 新商品発表! | ソフトバンクモバイル



・関連記事
ソフトバンクの2013年夏モデルを高解像度画像とスペックで一挙紹介 | BUZZAP!(バザップ!)

プラチナバンドの3GとLTE、AXGPに対応した究極端末「GL08D」が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義氏が「Google Glass」のようなメガネ型デバイスを特許申請済みであることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「シンプルスマホ 204SH」発売へ、らくらくスマートフォンとほぼ同じモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

本日からソフトバンク版iPhone 5が「ダブルLTE」対応に、イー・モバイル網利用でパケ詰まり解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加