どうして世界各国の赤ちゃんは「ママ」と言うのか

このエントリーをはてなブックマークに追加




「たまご」「egg」のように同じものを指す言葉でも、言語によって発音が異なることが大半なわけですが、赤ちゃんが話す「ママ」「パパ」といった言葉は世界共通であることが明らかになりました。



Why babies in every country on Earth say 'mama' - The Week

ロシアの言語学者Roman Jakobson氏は、世界各国の赤ちゃんがその地域で用いられている言語にかかわらず「ママ」「パパ」と言うことについて、人間が最も簡単に発声できる音が、「A」や「O」などの口を開けることによって出せる母音であることによるものと解説しています。

上記の母音については生まれてすぐに発することができ、その後赤ちゃんは違う音を出すことを学び始めますが、たいていは唇を閉じることで出せる口唇音(「M」や「P」「B」)を子音としてまず身に付けることから、母音と組み合わせることで、「ママ(MAMA)」「パパ(PAPA)」と発音できるようになるそうです。

なお、口唇音の中で最も早く覚えるのは「M」ですが、これについても理由があり、赤ちゃんがおっぱいを吸う時の口の形であるからとのこと。

ちなみに以下のリンクでは世界共通に近いものとして、「タクシー」という言葉や理髪店の店頭によく設置されている、赤と白と青の斜めになったストライプがグルグル回るサインポール、そして誕生日を祝う「Happy Birthday to You」が挙げられています。

万国共通 Multiculturalpedia


・関連記事
【問題】「Brfxxccxxmnpcccclllmmnprxvclmnckssqlbb11116」の読みを答えなさい | BUZZAP!(バザップ!)

【豆知識】青森大学、神奈川大学、長野大学、愛知大学、奈良大学、兵庫大学、福岡大学、沖縄大学の共通点は? | BUZZAP!(バザップ!)

ルシファー、マジで、セカンド、ア○ルなど「却下された子どもの珍名リスト」が公開される | BUZZAP!(バザップ!)

名前が分からなくても簡単検索、画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」は超強力 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加