人が住むようには見えない、香港の幾何学的なマンションに目がくらむ

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日BUZZAP!では下から見上げた香港の摩天楼の写真を紹介しましたが、こちらは横からです。人間の普段の目線に近いはずなのに、まるっきり幾何学的な模様に見えてしまいます。

写真家のMichael Wolfさんが自らのシリーズ「Architecture of Density」の中で撮影したのは繰り返される匿名性の紋様に彩られた香港の集合住宅。無機質な結晶のようにも、顕微鏡で覗いた細胞のようにも見えます。










彼の他のシリーズは以下のHPから閲覧可能。自分が何を見ているのか一瞬分からなくなってしまいます。

MICHAEL WOLF PHOTOGRAPHY Architecture of Density


観光コースでない香港・マカオ
津田邦宏
高文研
売り上げランキング: 66,821



・関連記事
香港の摩天楼を下から見上げた写真がめっちゃテクノ BUZZAP!(バザップ!)

廃墟ファン必見、荘厳過ぎる廃劇場の写真集「Stages of Decay」 BUZZAP!(バザップ!)

ビルで切り取られた四角い空を逆転の発想でキャンバスにした「SkyArt」 BUZZAP!(バザップ!)

レトロながらサイバーパンク、機械に潜む小人たちを描くミニチュア写真作品「Ghosts in the Machine」 BUZZAP!(バザップ!)

MonolakeのRobert Henkeによる音と光のインスタレーション「Fragile Territories」 BUZZAP!(バザップ!)

思わず目が離せなくなる、別の宇宙に迷い込んだようなペトリ皿アート BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加