スケートもできるロシアの大理石採石場跡地の洞窟が幻想的過ぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



古くロマノフ朝のエカチェリーナ2世聖イサアク大聖堂を建造する時にも使われた広大な大理石の採石場跡。現在この洞窟は冬にはスケート靴を履いて訪れることのできるこの上なく幻想的な空間となっています。

「Ruskeala gap」はロシアのフィンランドとの国境に近いカレリア地方の街、ソルタヴァラから25km程北にある古い大理石の採石場跡です。ここはカレリア地方では最も有名な観光スポットで毎年何千人もの観光客が訪れています。

この洞窟状の採石場跡は地底湖のようになっており、冬場にはスケート靴を履いて内部を滑ることができるとのこと。凍った滝や鍾乳石のようなつららや氷柱は息を呑むばかりの美しさです。












昼間の光の下の写真。









これは夏の様子。スケートの代わりにボートに乗って内部を巡ることができます。





ロマノフの徒花  ピョートル二世の妃エカチェリーナ
河島みどり
草思社
売り上げランキング: 49,498



・関連記事
ロシアの航空ショーで天空に描かれた天使が息を呑むほど美しい BUZZAP!(バザップ!)

バイオハザードの舞台になりそうな不気味すぎる下水道 BUZZAP!(バザップ!)

まさに未完の兵器、予算不足で製造が中断したままのロシアの潜水艦 BUZZAP!(バザップ!)

あまりに物騒すぎる不法投棄、ミサイルや軍用トラックが森の中に捨てられる BUZZAP!(バザップ!)

ノルウェーの、高さ150mの岩山「山羊の双角」の間をジャンプする肝試し BUZZAP!(バザップ!)

おそロシアの車載カメラが見た「九死に一生」動画集がまったくシャレになってない BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加