新型iPhoneやiPadは秋発売、Appleが「iOS 7」を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleが開発者向けイベント「WWDC2013」を開催しました。

昨年のWWDC2012では「iOS 6」やRetina Display搭載のMacBook Proが発表されたわけですが、今回は「iOS 7」が登場しています。



Apple - Apple Events - WWDC 2013 Keynote

Apple WWDC 2013 liveblog!

SlashGear Live Coverage - Macworld, WWDC, and Special Events

Live Coverage of Apple's WWDC 2013 Keynote - Mac Rumors

www.ustream.tv/ltktv/theater

ティム・クックCEOが登壇


App Storeが5周年を迎えたことをアピール。


iOS向けアプリは90万に達し、Appleは100億ドルを開発者に還元しました。



アプリの売り上げはiOSが全体の74%を占め、シェアトップのAndroidは20%にとどまるとのこと。


そしてMacBookとiMacがそれぞれ北米のノートとデスクトップ部門で最も売れたパソコンの座を勝ち取ったそうです。


ネコ科のコードネームが続いてきたOS Xの新バージョンは「Sea Lion(アシカ)」に。



……と思いきや、正しくは「maverick」とのこと。デベロッパプレビュー版は本日から提供開始です。


本日発売の新型MacBook Airは第4世代Coreシリーズ「haswell」搭載で11インチモデルは9時間、13インチモデルは12時間駆動。フラッシュメモリも45%高速に。IEEE802.11 acもサポートします。








Mac Proも強化されて登場。AMDベースのワークステーション向けGPUを搭載することで、4K動画にも対応します。







ようやくiOSの話題に。同OSは6億台を売り上げ、顧客満足度No1でいまだモバイルウェブマーケットシェアの6割を占め、タブレットでも8割以上のシェアを占める……というプレゼンが提示されました。






OSの断片化もありません。


「iOS 7」が満を持して登場です。










iOS 7の目玉機能


まずはコントロールセンター。さまざまな設定を簡単に変えられます。



バッテリーを気にすること無く、完全なマルチタスクをすべてのアプリで実現します。




Safariは操作性が向上し、ページの共有などがしやすくなります。



写真などのコンテンツを簡単にシェアできる「AirDrop」




Siriに男性の声も。



車向けiOS「iOS in the car」も。



App Storeが更新され、キッズコンテンツやリコメンド機能も。


そして音楽機能が更新され「iTunes Radio」が展開。iPhoneやiPad、Mac、Apple TVに提供されます。



iOS 7のベータ版は本日提供され、秋に正式版が登場予定であるため、新型iPhoneやiPadは秋発売でほぼ確定。なお、iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、第5世代iPod touchがアップデート対象です。




・関連記事
見えてきたドコモ版iPhoneの実現、「ドコモのツートップ」戦略が意味するもの | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5Sや第5世代iPadの性能向上は期待薄か、新型プロセッサ「Apple A7」はiPhone 6以降に搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがiPhone 5やiPad miniを販売中であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneは本当に販売不振なのか、その実情が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加