パネル価格急落で液晶テレビ値下がりへ、シャープ製も1万円を割り込む

このエントリーをはてなブックマークに追加



テレビに用いられる液晶パネルの価格が急落したことが明らかになりました。



Pricing for 32-inch TV panels falls below US$100

この記事によると、32インチの液晶テレビ用パネルが昨今、100ドル(約9840円)を下回ったことを業界関係者が明かしています。

これは中国市場などでテレビの需要が減少しつつあることに加え、シャープが30~40万から100万、Samusungが120万から150~160万へとパネルの月間生産数を引き上げたことによるもの。

その結果供給過多となり、シャープ製のパネルにいたっては1枚105ドル(約1万330円)から95ドル(約9350円)にまで急落したことから、8月までは液晶テレビの値下がりが期待されるとのことです。


・関連記事
家電メーカー期待の星「4Kテレビ」が早くも価格下落の見通し | BUZZAP!(バザップ!)

5.2インチフルHDの有機ELをジャパンディスプレイが試作、液晶に続いて量産を模索 | BUZZAP!(バザップ!)

4Kの解像度が実際にどれほど高画質かが分かる動画 | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELテレビ製造技術を盗んだ疑いでSamsungが家宅捜索を受ける | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加