ドコモが「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」発表、Google Playにも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2013年夏モデルとして発表されたクアッドコアCPU搭載の「らくらくスマートフォン2 F-08E」に続いて、「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」が正式発表されました。



報道発表資料 : 「らくらくスマートフォン プレミアム」を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2013年9月下旬~10月上旬に「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」を発売する予定だそうです。

同モデルは約4.3インチ(960×540)TFT液晶、APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)、2GB RAMなどを備えた「らくらくスマートフォン2 F-08E」とほぼ同じスペックのXi対応スマートフォン。

らくらくスマートフォン独自の使いやすさ、操作性を継承しながらも「dマーケット」や「Google Play」に対応しています。



なお、月間500MBを超過すると128kbpsに減速される月額2980円のパケット定額プラン「Xiらくらくパケ・ホーダイ」には非対応となります。

・らくらくスマートフォン プレミアム F-09E
ディスプレイ:約4.3インチ(960×540)TFT液晶
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)
メモリ:2GB RAM、16GB ROM
背面カメラ:810万画素
フロントカメラ:130万画素
バッテリー容量:2100mAh
OS:Android 4.2


・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

年間120万人が携帯電話を解約、「純減」よりも深刻なNTTドコモの実情をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5の苦戦が顕著、LTE/4Gエリア化率や通信速度でNTTドコモがトップに | BUZZAP!(バザップ!)

Tizenは本当に死に体なのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【緊急特報】「ZenFone 5」1万円台半ばに大幅値下がり、本格デュアルカメラやAI採用でかなり使える格安スマホに
  2. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載
  3. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  4. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  5. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に

モバイルに関連した楽天商品ランキング