ドコモが「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」発表、Google Playにも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2013年夏モデルとして発表されたクアッドコアCPU搭載の「らくらくスマートフォン2 F-08E」に続いて、「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」が正式発表されました。



報道発表資料 : 「らくらくスマートフォン プレミアム」を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2013年9月下旬~10月上旬に「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」を発売する予定だそうです。

同モデルは約4.3インチ(960×540)TFT液晶、APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)、2GB RAMなどを備えた「らくらくスマートフォン2 F-08E」とほぼ同じスペックのXi対応スマートフォン。

らくらくスマートフォン独自の使いやすさ、操作性を継承しながらも「dマーケット」や「Google Play」に対応しています。



なお、月間500MBを超過すると128kbpsに減速される月額2980円のパケット定額プラン「Xiらくらくパケ・ホーダイ」には非対応となります。

・らくらくスマートフォン プレミアム F-09E
ディスプレイ:約4.3インチ(960×540)TFT液晶
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)
メモリ:2GB RAM、16GB ROM
背面カメラ:810万画素
フロントカメラ:130万画素
バッテリー容量:2100mAh
OS:Android 4.2

このエントリーをはてなブックマークに追加