ドコモが「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」発表、Google Playにも対応



NTTドコモの2013年夏モデルとして発表されたクアッドコアCPU搭載の「らくらくスマートフォン2 F-08E」に続いて、「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」が正式発表されました。



報道発表資料 : 「らくらくスマートフォン プレミアム」を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2013年9月下旬~10月上旬に「らくらくスマートフォン プレミアム F-09E」を発売する予定だそうです。

同モデルは約4.3インチ(960×540)TFT液晶、APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)、2GB RAMなどを備えた「らくらくスマートフォン2 F-08E」とほぼ同じスペックのXi対応スマートフォン。

らくらくスマートフォン独自の使いやすさ、操作性を継承しながらも「dマーケット」や「Google Play」に対応しています。



なお、月間500MBを超過すると128kbpsに減速される月額2980円のパケット定額プラン「Xiらくらくパケ・ホーダイ」には非対応となります。

・らくらくスマートフォン プレミアム F-09E
ディスプレイ:約4.3インチ(960×540)TFT液晶
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)
メモリ:2GB RAM、16GB ROM
背面カメラ:810万画素
フロントカメラ:130万画素
バッテリー容量:2100mAh
OS:Android 4.2


・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

年間120万人が携帯電話を解約、「純減」よりも深刻なNTTドコモの実情をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5の苦戦が顕著、LTE/4Gエリア化率や通信速度でNTTドコモがトップに | BUZZAP!(バザップ!)

Tizenは本当に死に体なのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  5. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性

モバイルに関連した楽天商品ランキング