最大1.3Gbpsの次世代高速無線LANスポットをNTTドコモが配置、IEEE802.11acに対応

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが最大1.3Gbpsの次世代高速無線LAN「IEEE802.11ac」に対応したWi-Fiスポットの実証実験を行うことを発表しました。



報道発表資料 : 東京メトロ表参道駅構内「Echika表参道」で次世代高速無線LANのトライアルを実施 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモとNTTBP、東京メトロの3社は東京メトロ表参道駅の駅チカ商業施設「Echika表参道」で、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」を利用した公衆無線LANのトライアルを2013年8月下旬から2014年3月末まで実施します。

これは「Echika表参道」内の「MARCHE DE METRO(フードコート広場)」や「ESPACE APPETIT(食のトレンドゾーン)」付近など計3か所に次世代無線LAN規格「11ac」に対応したアクセスポイントを設置することで、スマートフォンやタブレットでは最大433Mbps、PCなどでは1.3Gbpsの高速データ通信が可能になるというもの。

また、東京メトロとNTTBPが東京メトロの駅構内で実証実験を行っている情報配信サービス「MANTA」専用アプリを「11ac」対応のスマートフォンにインストールすれば、他社のスマートフォンでも実験可能。なお、2013年7月25日時点でIEEE802.11acに対応したドコモのスマートフォン・タブレットは以下の9機種となっています。

GALAXY S4 SC-04E
AQUOS PHONE ZETA SH-06E
ARROWS NX F-06E
AQUOS PHONE si SH-07E
MEDIAS X N-06E
Disney Mobile on docomo F-07E(2013年7月31日発売予定)
らくらくスマートフォン2(2013年8月中旬発売予定)
らくらくスマートフォン プレミアム(2013年9月下旬~10月上旬発売予定)
AQUOS PAD SH-08E(2013年8月2日発売予定)


このエントリーをはてなブックマークに追加