1万円を切る破格のタブレット端末をHPが発売へ、メーカー各社も追従か



大手パソコンメーカーのHPが99ドルという破格のタブレット端末を発売することが明らかになりました。



HP to release US$99 tablet through Wal-Mart for back-to-school demand

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、HPはウォルマートを通じて99ドル(約9930円)のエントリー市場向けタブレット端末を発売する予定だそうです。

同タブレットはIntelの「Medfield」ベースのシングルコアCPUと7インチタッチパネルを搭載したモデルで、製造は中国メーカーのBYDが担当するとのこと。

Acerの「Iconia B1(150ドル)」やMediaTek製プロセッサを採用したASUSの「MeMO Pad HD 7(129ドル)」など、安価なタブレット端末は今年になって相次いでリリースされていますが、99ドルというのは新型「Nexus 7」の半額以下という破格っぷり。

あくまで性能が限られたエントリーモデルとはいえ、ここまで安いと「簡単なブラウジングやメールのやり取り程度ができればいい」といったライトユーザーの需要獲得が期待できるわけですが、実際に発売された場合、メーカー各社が追従するとみられています。

なお、HPには自社が開発した「WebOS」が頓挫したことを受け、2011年に499.99ドルで販売していたWebOSタブレット「TouchPad」を99ドルで在庫処分したという、苦いエピソードがあります。

タブレット市場が拡大する一方でパソコン市場が縮小する中、タブレットのシェアを獲得できていない同社ですが、99ドルタブレットは巻き返しにつながるのでしょうか。


・関連記事
性能が大きく向上した新型Nexus 7、はたしてどれだけ「買い」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

Googleが次世代Androidや廉価版スマフォ、ゲーム機などを開発中、あらゆる企業と正面衝突へ | BUZZAP!(バザップ!)

第2世代にあたる新型iPad miniは年末発売か、Retina Display搭載の有無が焦点に | BUZZAP!(バザップ!)

新型「Nexus 7」や「Chromecast」をGoogleが正式発表 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】ついにXiaomi「POCO X3 GT」3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング