腕が痺れずに寄り添って眠れるマットレスがついに製品化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



腕枕で眠ると腕が痺れてしまうのが困り者。そんなカップルのために素敵なマットレスが開発されています。

パートナーに腕枕をしたまま眠ってしまい、翌朝腕がしびれていた経験、ある人も多いのではないでしょうか。これは橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)という腕を走る大きな神経が圧迫することで手が上がらなくなる病気。「ハネムーン症候群」、「サタデーナイト症候群」とちょっと赤面しそうな名前で呼ばれることもあるように、腕枕をし続けてパートナーの頭で腕が圧迫されることによって引き起こされることもあります。

この「Cuddle Mattress」はマットレスに横方向に裂け目が入っていることにより、腕枕をする時に腕が裂け目に沈むことで神経への圧迫を防ぎ、朝まで快適に腕枕をしたまま眠れるという優れもの。


しかもこれ、ただ寄り添い合いたいリア充カップルのためだけのマットレスではありません。横向きやうつ伏せの姿勢で眠る癖のある人にとっても、肩や爪先を裂け目に沈み込ませるように眠ることができるため、より無理の無い体勢で睡眠をとることが可能となります。


また、このベッドはピースごとに取り外し可能で、片方は柔らかく、もう一方は固めになっており、自由にカスタマイズ可能。材質もラテックス、ポリウレタン、形状記憶ポリウレタンの3種類から選ぶことができます。


このマットレスの写真、以前ネット上で見たことがある人も多いかもしれません。このアイディアはイランのインダストリアルデザイナーのMehdi Mojtabaviさんが発表して2007年のRed Dot賞、2008年のIndustrial Designers Society of Americaの最終選考に残ったアイディアで、ネットでもLove Matressなどの名前で一時期大きな話題になりました。


ですがMojtabaviさんが2007年にテヘランからアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに移り住み、新しい仕事を始めたことから長いことお蔵入りとなっていました。しかし、Mojtabaviさんのもとにはこのマットレスに対する要望が多く届けられ、2011年に複雑な肩の手術を受けている男性からの購入希望の連絡を受けたことから製品化に対して再び行動を開始。

Cuddle Mattress on Vimeo



腕枕だけでなく、健康上の理由からも大きな可能性のありそうな「Cuddle Mattress」、日本上陸が待ち望まれます。なお、中央部分は大きな1枚のマットレスになっているため、ベッドの上で激しい運動をしても大丈夫なのでご安心を!



・関連記事
これは使えすぎる!電気を使わず数秒で簡単に膨らませられるエアマットの逆転の発想 BUZZAP!(バザップ!)

巨乳女子専用、おっぱい収納ホール付きのボディピローでリラックスできる? BUZZAP!(バザップ!)

全サラリーマン待望の理想的過ぎるゆるふわ事務机が登場 BUZZAP!(バザップ!)

ソファの中にすっぽり入り込んで眠れるCamp Daybed BUZZAP!(バザップ!)

これは便利、ぐっすり安眠できそうなフード付きトラベルピロー BUZZAP!(バザップ!)

暖かそう!もっふもふな毛玉生物に呑み込まれる椅子 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加