原初の宇宙を感じさせる50Hz音から作られた映像作品「Cymatics」

このエントリーをはてなブックマークに追加



宇宙の始まり、星々の始まりはどうなっていたのか。「Cymatics」は粒子と振動による、原初の宇宙を感じさせる映像作品です。

映像ディレクターのSusi Sieさんが作成した「Cymatics」は石松子と呼ばれる日陰蔓の粉末を用い、50Hzの音から生じる振動を利用して作られたモノクロの映像作品。

音が粉末を振動させることで形作られる模様の動きは目が眩むほど宇宙的。現実離れしたスケールで展開していきます。

CYMATICS on Vimeo


あなたはこの映像にどんな世界を感じますか?

石松子 (ボトル) 80g ピンク
星野株式会社
売り上げランキング: 33,996



・関連記事
音楽に揺れる水面を万華鏡のように映し出すインスタレーション「Sonic Water」 BUZZAP!(バザップ!)

土星の輪と衛星が踊り狂うスタイリッシュな映像作品「Around Saturn」 BUZZAP!(バザップ!)

あなたの部屋を一瞬で深い森に変えてしまう奇妙過ぎる形のシャンデリア BUZZAP!(バザップ!)

MonolakeのRobert Henkeによる音と光のインスタレーション「Fragile Territories」 BUZZAP!(バザップ!)

バーニング・マン2013を無人小型ヘリから撮影した映像が完全に別世界 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加