ソフトバンク版iPhone 5sがまさかの販売台数1位?BCNに確認してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



9月20日に大手携帯3社から一斉発売されたiPhone 5s/5c。

圧倒的シェアを持ち、機種変更ユーザーだけでも相当数が見込めるNTTドコモや、断トツのエリアの広さを誇るプラチナバンドLTEで攻めるKDDIを抜いて、強みが無いと思われていたソフトバンクが販売台数1位になるという事態となっています。


スマートフォン・携帯電話の売れ筋情報|BCNランキング【週間】


家電量販店のPOSデータの提供を受け、売れ筋商品をまとめるBCNランキングによると、2013年9月24日12時現在、携帯電話の販売台数ランキングでソフトバンク版iPhone 5sの32GB、64GBモデルが1位、2位を独占しています。


具体的な順位はこんな感じ。KDDI版は最も売れたのがiPhone 5で、ドコモ版は6位以下に2機種がランクインするという事態に。

1位:ソフトバンク版iPhone 5s(32GB)
2位:ソフトバンク版iPhone 5s(64GB)
3位:KDDI版iPhone 5(16GB)
4位:KDDI版iPhone 5s(32GB)
5位:ソフトバンク版iPhone 5(16GB)
6位:NTTドコモ版iPhone 5s(64GB)
7位:NTTドコモ版iPhone 5s(32GB)
8位:ソフトバンク版iPhone 5s(16GB)
9位:KDDI版iPhone 5s(64GB)
10位:Galaxy S4 SC-04E


しかしページには「集計期間:2013年9月9日~9月15日」「2013年09月18日更新」と記されており、9月20日発売のiPhone 5sがランクインする理由がよく分からないため、BCNに問い合わせてみたところ、回答は以下の通り。どうやらまだデータの更新途中であるようです。

BCN:
システムの都合上、新しい週間(9/16~9/22)のデータを順次反映させている最中です。9月26日(木)の朝には完全に反映された数値になると思われます。


なお、BCNランキングに数値を提供している会社は以下の通り。ヤマダ電機やヨドバシカメラはもちろん、各携帯電話会社ショップやApple Storeを抜いた数値での比較となります。
アベルネット、アマゾン ジャパン、エディオン、NTTレゾナント、大塚商会、ケーズホールディングス、サードウェーブ、サンキュー、上新電機、スタート、ストリーム、ソフマップ、ZOA、ナニワ商会、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、ベスト電器、三星カメラ、ムラウチドットコム、MOA、ユニットコム、ラオックス

・関連記事
iPhone 5s/5cで見えてきたソフトバンクの一人負け、KDDIはプラチナバンドのLTEで圧倒的優位に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5s/5cを「ワントップ」に据えたNTTドコモ、まさかの全方位値引きはどれだけえげつないのか | BUZZAP!(バザップ!)

LTEエリアが段違い、au版iPhone 5からiPhone 5s/5cへの機種変更は一体どれだけ優遇されたのか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5sのプロセッサ「Apple A7」は1.3GHz駆動、メモリは1GBに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加