au版「Xperia Z1 SOL23」速攻レビュー、ドコモ版に遅れを取ることなく発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモから「Xperia Z」が今年2月に発売されたものの、同じスペックの「Xperia UL」は3ヶ月遅れになるなど、ソニーのフラッグシップスマートフォンの発売時期で少し遅れを取っていたKDDIですが、「Xperia Z1」がKDDIの2013年冬モデルとして発売されることになったため、さっそくレビューをお届けします。

「カメラからスマートフォンを再定義する」と銘打たれ、ソニーが一丸となって開発したモデルで、競合するiPhoneやLumiaなどよりもカメラ面で優位であるのが特徴です。

これが「Xperia Z1」本体。「BRAVIA」で培った高画質化技術「X-reality」や色の再現性などを高めた「トリルミナスディスプレイ」を盛り込んだ5インチフルHD(1920×1080)液晶を搭載。フルセグ視聴にも対応しています。








カメラは1/2.3インチ・2070万画素「Exmor RS」、F値2.0・27mm広角の「Gレンズ」、そして画像処理エンジン「モバイルBIONZ」を採用。画素サイズが大きく、さらに暗いところに強くなったほか、「全画素高解像ズーム」を用いれば3倍ズームでも画質が落ちないなど、ソニーの高画質化技術の粋を集めたものに。

デザインはXperia Zで好評だったオムニバランスデザインをそのまま踏襲。フレームにはアルミ、背面にはガラスを採用することで質感にこだわりを見せています。

・Xperia Z1
ディスプレイ:5インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイ
カメラ:1/2.3インチ・2070万画素「Exmor RS」およびF値2.0・27mm広角「Gレンズ」採用
プロセッサ:Snapdragon 800(MSM8974、2.2GHzクアッドコア)
ROM:2GB
RAM:16GB
バッテリー:3000mAh
防水・防塵:IPX5/IPX8、IP5X
本体サイズ:144×74×8.5mm、170グラム
カラーバリエーション:ブラック、ホワイト、パープル
その他:microSDXCカードスロット、NFC、apt-X対応Bluetooth 4.0
プラットフォーム:Android 4.2

KDDI公式ページは以下。

au WINTER SELECTION 2013|au

・関連記事
KDDIがauの2013年冬モデル正式発表、下り最大150MbpsのLTEやWiMAX 2+端末も | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+」は通信量無制限で月額3880円、au 4G LTE併用も選択可能で220Mbpsへの増速も | BUZZAP!(バザップ!)

LTEエリアが段違い、au版iPhone 5からiPhone 5s/5cへの機種変更は一体どれだけ優遇されたのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加