KDDIがauの2013年冬モデル正式発表、下り最大150MbpsのLTEやWiMAX 2+端末も

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが2013年冬モデルを正式発表しました。下り最大150Mbpsの「au 4G LTE」に対応した機種に加え、先日UQコミュニケーションズが正式発表した下り最大110Mbpsで転送量無制限の「WiMAX 2+」対応モデルも展開されます。


発表会の様子。iPhone商戦ではドコモ、ソフトバンクから流入を記録。800MHz帯のプラチナバンドを用いたLTEで実人口カバー率99%を年度内に達成へ。



auのLTEは800MHzのプラチナバンドが強みです。








これが2013年冬モデル。いずれも800MHzのプラチナバンドLTE対応です。



コラボモデル「isai」をはじめとした多彩なラインナップが展開されます。







2014年春モデルにはファブレットが登場する可能性も。ほかにも「あんしんGPS」や「PHOTO-U TV」など、明らかにソフトバンクとぶつけることを目的としたモデルもラインナップ。


全機種下り最大150Mbps対応でフルHDディスプレイ、2500mAh以上の大容量バッテリー、IEEE802.11 acを搭載。一部モデルはフルセグ視聴も可能で、アクセサリーも充実。


「auスマートパス」「auスマートサポート」なども充実へ。






そして「auスマートバリュー」にWiMAX 2+とのセット割引「auスマートバリュー mine」登場。つながりやすい800MHzのプラチナバンドLTEをベースに、さまざまなリレーションを提案するというのが今後の方針です。







「GRATINA」に続いて「MARVERA」も登場。フィーチャーフォンは2モデル展開に。




発売される冬モデルは発売済みのフィーチャーフォン「GRATINA」を合わせた12機種。いずれも年内発売です。機種名をクリックするとレビュー記事に飛べます。

・スマートフォン
isai LGL22
Xperia Z1 SOL23
GALAXY Note 3 SCL22
AQUOS PHONE SERIE SHL23
ARROWS Z FJL22
DIGNO M KYL22

・タブレット
ARROWS Tab

・Wi-Fiルーター
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14

・フィーチャーフォン
GRATINA(発売済み)
MARVERA

・フォトフレーム
PHOTO-U TV

・その他
あんしんGPS

・質疑応答
フリー石野:
今回のラインナップを観る限り、メッセージ性が弱い気がするが、どういうコンセプトなのか。Galaxy Gearなどを扱う理由は?

田中社長:
夏モデルを発売した際「選べる自由が少ないのではないか」という指摘を頂いたので頑張らせていただいた。周辺機器をリッチにしたのは「スマホを使いこなす」をサポートするため。もう一度本質に帰ってスマートフォンの色々な機能を伝えるために始めた「スマートサポート」のように、スマホと連携するアクセサリーをもっともっと楽しんでいただきたいため。

日経新聞カワナ:
800MHzのプラチナバンドLTEをアピールしているが、iPhone 5ユーザーはどうするのか。スマートサポート拡充は今後の差別化にどのようにつないでいくのか。

田中社長:
「800MHzはとてもいいけれども、iPhone 5は対応していない。しかも障害を起こすなんて……」ということだと思われますが、障害を起こした設備については増強していますし、iPhone 5が対応している2.1GHzについてはエリアのカバー率を9月末で77%(8月末で72%)まで引き上げています。800MHzと同レベルにまで持っていきたいと考えています。

今すぐ800MHzを使いたいというお客さまについては下取り額もアップしておりまして、できるだけサポートしていきたいと思っています。

木村:
スマートサポートは一気に万人に使ってもらえるものではないと考えていないが、自信を持って態勢を整えている。ユーザーのご理解度に合わせたステップアップや、ユーザー参加型のイベントを提供したいと考えています。

フリー佐野:
800MHzのLTEを展開しているが、1.7GHzを持っていないことで、周波数帯の厚みの部分での対処はどう考えているのか。

田中社長:
1.7GHz帯はイー・アクセスとNTTドコモさんが利用していますが、周波数が足りなくならないかという懸念については、どこでもつながる800MHz帯のネットワークをベースに、2.1GHz帯を重ねることで高速性を確保していきたい。

1.5GHzはノンエコバンドだがAndroidでは利用できるので、うまく分散していきたい。700MHzや2.5GHz帯をサポートできるスマートフォンを出すことで、シェアできればなと考えています。また、特に混んでいる地域についてはIEEE802.11 ac対応の無線LANスポットを使ってオフロードしたい。3.4GHz帯割り当ての話もあるが、そのあたりを組み合わせて他社に対抗していきたい。

ケータイWatchの関口:
「auスマートバリュー mine」には4年契約プランもあるが、ユーザーが途中で機種変更しやすい施策などを考えているのか。iPhone発売でドコモやソフトバンクからのMNP流入は?

田中社長:
女性は家に固定回線を引くのがイヤで、モバイルルーターを使われる方が多い。大学に入るときに最初に契約していただいて、4年間使えるようにしたい……という構想があった。しかし4年契約はあまりにもハードルが高いので、2年契約も導入した。優遇策については検討していきたいと考えています。MNPについては来週発表なので、楽しみにしていただきたい。発売後毎日両側から転入が続いている。在庫が無い中だったものの、一安心。

au WINTER SELECTION 2013|au

・関連記事
iPhone 5s/5c商戦でKDDIへのMNP流入は「増加」、田中社長が量販店ランキングの背景にも言及 | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+」は通信量無制限で月額3880円、au 4G LTE併用も選択可能で220Mbpsへの増速も | BUZZAP!(バザップ!)

LTEエリアが段違い、au版iPhone 5からiPhone 5s/5cへの機種変更は一体どれだけ優遇されたのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加