ウィルコムとイー・アクセス合併へ、ウィルコムが消滅会社に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンク傘下のウィルコムとイー・アクセスが合併することになりました。詳細は以下から。

合併に関する基本合意書締結のお知らせ

イー・アクセスおよびウィルコムのプレスリリースによると、2社は本日付けで合併について基本合意書を締結したそうです。合併は2014年4月1日を予定。

両社はいずれもソフトバンクのグループ会社ですが、2013年1月17日から、それぞれの専売店である「イー・モバイルショップ」「ウィルコムプラザ」で相互に商品を取り扱うなどの連携を開始。

さらに効率的に両社の有する経営資源を活用し、事業を拡大していくため、2014年4月1日をもって合併を行うことで合意したとのこと。合併は存続会社がイー・アクセス、消滅会社がウィルコムとなる形で行われ、DDIポケット時代から続いた「法人としてのウィルコム」は消滅することになります。

合併後存続する会社は、イー・アクセスの契約数約440万とウィルコムの契約数約570万を合わせて 1000万以上の移動通信サービスの顧客基盤を持つほか、イー・アクセスの展開する無線事業と固定通信事業、ウィルコムの展開するPHS事業を引き続き発展させ、特に市場拡大が見込まれるスマートフォン分野に注力する方針。

存続する会社の社長はエリック・ガン(現イー・アクセス 代表取締役社長)で、副社長は寺尾 洋幸(現ウィルコム 執行役員 営業統括 マーケティング本部長)になる予定で、その他の経営体制、会社の社名及びブランドなどについては、決まり次第告知されるとしています。

機動戦士ガンダムUC [MOBILE SUIT GUNDAM UC] 7 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2014-06-06)
売り上げランキング: 2

・関連記事
ウィルコムとイー・モバイル合併、具体的にどのようなメリットがあるのかを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクのグループ間通話定額まとめ、各社ごとに異なる条件に | BUZZAP!(バザップ!)

本体0円でパケット定額も月額15円、ウィルコムが激安スマートフォンを販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

Nexus 5向け料金プラン「EMOBILE 4G-S」最大の罠だった転送量制限、ついに解決 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加