新種の生命体のような、そよ風を受けるとひとりでに歩き出す彫像

このエントリーをはてなブックマークに追加



自ら動力を持たず、吹く風の力だけで歩くことのできる彫像が作成されました。この精密さは驚きです。

オランダの浜辺に置かれているのは僅かな風を受けるだけでひとりでに歩き出す彫像。アーティストのTheo Jansenさんが24年間追求し続けてきたのは、自分で歩くことのできる「生き物」を作ること。


最初はJansenさんが適切な風の吹く場所まで運ぶ必要がありましたが、改良を重ねるにつれ、プロペラや帆が装備され、足や関節なども改良されてよりひとりで動けるようになっていきます。

動画は以下から。これが実に見たことのない新しい生物を思わせる動き。

Man creates kinetic sculpture that moves and lives on its own. [VIDEO]


これが僅かな風力だけで動いているというのは驚異的です。精巧にバランスを取って作られたこのフォルム、再生エネルギーの観点からも大きな可能性を秘めていそうです。

生命とは何か―物理的にみた生細胞 (岩波文庫)
シュレーディンガー
岩波書店
売り上げランキング: 4,796


生命はどこから来たのか? アストロバイオロジー入門 (文春新書 930)
松井 孝典
文藝春秋
売り上げランキング: 131,750



・関連記事
これ魔法で作っただろ…息を呑むしかない超精密な美を体現する雪の結晶を克明に切り取った写真 BUZZAP!(バザップ!)

完璧な人間などいないから…障がい者をモデルにしたマネキンが呼んだ驚きと感動 BUZZAP!(バザップ!)

WORLD ORDERがさらにメッセージ性を強めた新曲「LAST DANCE」のMVを発表 BUZZAP!(バザップ!)

人力のみでたったひとり、異次元のような洞窟を「アート作品」として掘り続ける男 BUZZAP!(バザップ!)

3人の少女とピタゴラ装置がコラボした、女の子向け「理系」おもちゃ会社のCMが秀逸と話題に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加