火を噴くバグパイプでのAC/DC「Thunderstruck」のリミックスが超世紀末パンク

このエントリーをはてなブックマークに追加




AC/DCとバグパイプ?それカッケーの?疑う人はぜひご覧あれ。世紀末なヒャッハー感に満ちたパンクなパフォーマンスになっています。

AC/DCのボーカリストで1980年に死去したボン・スコットの墓のある西オーストラリア州のフリーマントル。昨年5月にこの街で行われたとあるバグパイプのパフォーマンスが240万PVを超える大ヒットとなっています。

通常アイルランドのバグパイプはスカート状の民族衣装を着て伝統的なアイルランド民謡を演奏するものとされていますが、このアーティスト「The Badpiper」はひと味違います。

モヒカンにレザーの衣装に身を包み、全身タトゥーで特製のバグパイプを演奏。この動画での曲目はなんとAC/DCの「Thunderstruck」。しかもただ演奏するだけではありません。
The Badpiper Thunderstruck - YouTube


まさかの火炎放射きましたこれ。路上ですがガンガン噴いています。そしてパフォーマンスの世紀末パンクさに比べてリミックスがポップなのもポイント。モヒカンでタトゥーなのにThe Badpiperがいい人そうなのもポイント高いです。

ちなみにこちらが原曲のPVです。

ACDC Thunderstruck Official Music Video! - YouTube


Razor's Edge
Razor's Edge
posted with amazlet at 13.12.21
AC/DC
Sony (2003-04-29)
売り上げランキング: 35,565



・関連記事
4本腕のモヒカンドラムロボがラモーンズ、AC/DC、ブラック・サバスを熱演! BUZZAP!(バザップ!)

あのロック名盤ジャケットから亡くなったバンドメンバーだけを抜くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

14歳の少女の奏でるヴァン・ヘイレン「Eruption」のギターソロが息を呑む素晴らしさ BUZZAP!(バザップ!)

ロンドン最古のレコード店「On The Beat」が25000枚のレアコレクションとともに4760万円でeBayに出品される BUZZAP!(バザップ!)

ポスト・パンク、ニュー・ウェーブのスターたちがアメコミヒーローになると? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加