太陽を虹色に染め上げると、宝石箱のような全く別の顔が見えてくる

このエントリーをはてなブックマークに追加



私たちが毎日生きているのは間違いなく太陽のおかげ。でも、いつも見ている太陽を異なる波長の光を通して見てみると、驚くほど全く違う顔が浮かび上がってきます。

NASAが公表したこの動画は太陽の姿を異なった波長で分けたもの。こうして色分けすることで、波長ごとに太陽の違った温度帯の物質の姿を細かく見ることができます。




例えば黄色の光(5800オングストローム)は5700度、紫色の光(94オングストローム)は630万度程度での太陽の活動を見せてくれます。実際の映像は以下から。

NASA Jewel Box Sun - YouTube



昼間は真っ白な光の玉にしか見えない太陽ですが、その動きは地球をいくつも飲み込むほどのスケールでこの上なくダイナミック。寒い季節こそ太陽の姿に思いを馳せてみるのもよさそうです。

太陽の科学―磁場から宇宙の謎に迫る (NHKブックス)
柴田 一成
日本放送出版協会
売り上げランキング: 187,329


太陽に何が起きているか (文春新書)
常田 佐久
文藝春秋
売り上げランキング: 45,209



・関連記事
太陽活動が低下中?小氷期の到来で何が起こるのか BUZZAP!(バザップ!)

太陽の3年間の活動を3分に縮めたNASAの動画が息を呑む美しさ BUZZAP!(バザップ!)

アイソン彗星消滅の瞬間の動画をNASAが公開 BUZZAP!(バザップ!)

あまりに静かで幻想的、地球を巡る月の動画が世界で初めてNASAの探査機によって撮影される BUZZAP!(バザップ!)

現実とは思えない、逆光で撮影された土星と内惑星の超精密画像をNASAが公開 BUZZAP!(バザップ!)

土星の北極に30年以上存在し続ける、地球の倍の直径を持つ超巨大な六角形の台風 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加