ソニーとパナソニックが有機ELテレビ共同開発を解消へ、4K液晶テレビに注力

このエントリーをはてなブックマークに追加



ポスト液晶テレビとして注目されてきた「有機ELテレビ」開発のために実現したソニーとパナソニックの提携が解消されることになりました。詳細は以下から。

ソニーとパナソニック、有機ELテレビの提携解消  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、ソニーとパナソニックが今年末までだった有機ELテレビの共同開発契約を更新せず、今年末で提携関係を解消するそうです。

両社は2012年6月に有機ELパネルの共同開発で合意。ソニーが取り組む蒸着と印刷を組み合わせたハイブリッド有機EL素子のデバイスおよび製造技術と、パナソニックのオール印刷方式による大画面・高精細有機ELパネルなどの技術を組み合わせて開発効率を高め、2013年内の量産技術の確立を目指すとしていました。

しかしパネルの耐久性が十分に確保できず、生産コストも下げられなかったことから今回の提携解消へと至り、共同生産の構想も見送るとのこと。両社は今後、独自に有機ELテレビの開発を進めるものの、足元で需要が急速に伸びている高精細の「4K液晶テレビ」に経営資源を集中する方針に転換するとされています。

・関連記事
有機ELテレビ製造技術を盗んだ疑いでSamsungが家宅捜索を受ける | BUZZAP!(バザップ!)

5.2インチフルHDの有機ELをジャパンディスプレイが試作、液晶に続いて量産を模索 | BUZZAP!(バザップ!)

次世代のIGZO液晶「MEMSディスプレイ」をシャープが開発中、「Mebius Pad」も発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

未発表の「Galaxy S5」の詳細判明、クアッドHD・64ビットCPU・虹彩認証のフルスペックに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加