新型XperiaやWindows Phone無し、ソニーが「CES2014」に先駆けてプレスカンファレンス実施

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーが世界最大の家電見本市「CES2014」開催の前に、プレスカンファレンスを実施します。例年であれば新型Xperiaなどの発表が行われますが、今年は何が飛び出したのでしょうか。

Sony Japan | 2014 International CES プレスカンファレンス

アクセス殺到による幾度かの切断を経て、ようやく配信開始。視聴者数はどんどん増えてゆき、恐ろしいほどブツブツ途切れます。


4Kを推進しているソニー。「Video Unlimited」で140作品の4Kコンテンツの配信を行うことが発表されました。



スマフォやタブレットとのWi-Fi・NFC連携が可能な新型4Kカメラ「FDR-AX100」など、各種製品で「4K」を後押ししていきます。



世界最小となるAPS-Cの新型ミラーレス一眼「α5000」登場。もちろんWi-Fi・NFC対応です。



4K対応の新型テレビも相次いでラインナップ。オンラインサービス「Play Memories」で共有した写真を見ることもできます。






ハイレゾオーディオも強化。ポータブルオーディオだけでなく、サウンドシステムも。




スポーツなどのあらゆる場面で活躍するアクションカメラ「HDR-AS100V」



犬に背負わせるのはなかなかかわいいのではないでしょうか。


いよいよソニーモバイル


一日の活動をモニターしてくれるライフログアプリケーション「スマートウェア エクスペリエンス」がXperiaに登場。





「Core」と呼ばれるウェアラブルデバイスを搭載したスマートバンド。ユーザーの生活を分析してくれます。






カバンや靴に取り付けるタイプも。


国内でXperia Z1fとして発売されている「Xperia Z1 Compact」が海外に。




Z1のソフトウェア改修モデルで、PS4とも連携できる「Xperia Z1s」がT-Mobileで発売へ。なんとここで発表はおしまい。スマートフォンを期待していた層には不完全燃焼な感がありますが、2月の「Mobile World Congress」まで持ち越しということでしょうか。


・関連記事
ソニーもWindows Phone 8に参入か、ついに日本市場でも発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーとパナソニックが有機ELテレビ共同開発を解消へ、4K液晶テレビに注力 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z Ultra」にGoogle Playエディション登場、Nexus 7のホワイトも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加