完全に曼荼羅にしか見えない、植物プランクトンを幾何学的に配置した息を呑むような写真

このエントリーをはてなブックマークに追加



丸、三角、四角、いろいろな形を取る植物プランクトン。その形も驚くほど幾何学的なのですが、顕微鏡のスライドガラスに並べていくとこんなことになりました。

これらの写真を作成サンフランシスコの世界最大の自然史博物館、カリフォルニア科学アカデミー。50000種類にも及ぶ珪藻と呼ばれる植物プランクトンのコレクションを誇っています。

それら自体が美しい色とりどりの幾何学的な構造を持つ珪藻類。これらを顕微鏡のスライドガラスの上に幾何学的に配置していくと、仏教の曼荼羅を思わせる息を呑むような模様ができあがりました。自然の神々しさを感じざるを得ない造形です。










これ以外にも以下のギャラリーから大量に閲覧可能です。

Arranged Diatoms - a set on Flickr


次に川や海で泳ぐ時、こんな美しい、目に見えない生き物たちに囲まれていると考えると全く違った体験ができそうです。

新しいエネルギー藻類バイオマス

みみずく舎
売り上げランキング: 36,509


・関連記事
ガラス製の金太郎アメで作られた「岩窟の聖母」が超精密すぎて神業としか言えないレベルに BUZZAP!(バザップ!)

シャボン玉を凍らせたら宝石のように美しい妖精の卵が現れました BUZZAP!(バザップ!)

乾いた涙を顕微鏡で見ると不思議過ぎる図形が浮かび上がってくる BUZZAP!(バザップ!)

まるで星か生命体、ドラッグを顕微鏡で撮影した写真が息を呑むほど幽幻で美しい BUZZAP!(バザップ!)

動けない…!蜘蛛に正面から睨みつけられる写真が説明できない恐怖を煽る BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加