乾いた涙を顕微鏡で見ると不思議過ぎる図形が浮かび上がってくる

このエントリーをはてなブックマークに追加



悲しい時、嬉しい時、流した涙もいつかは乾くもの。そこで乾いた涙を顕微鏡で見てみると、まるで前衛芸術のような不思議な模様が浮かび上がってきました。

写真家のRose-Lynn Fisherさんは2010年に電子顕微鏡を用いてミツバチを撮影した写真集を発表して話題となっていましたが、彼女が次に被写体に選んだのは人間の涙でした。

ミクロの世界を知った彼女は自分の肉眼で見ている世界は氷山の一角にすぎないと考えるようになり、ふと思いついたのが「涙をミクロの世界までクローズアップしたらどう見えるんだろう?」ということ。

そして撮影されたのが以下のような不思議な図形。前衛芸術のようにも、空撮された地形のようにも見えます。これらは結晶化された塩分を始めとする化学物質の織りなす紋様です。








あなたの流した涙はどんな模様を織り成すことになるのでしょうか?

The Microscopic Structures of Dried Human Tears Collage of Arts and Sciences

Bee
Bee
posted with amazlet at 13.11.25
Rose-Lynn Fisher
Princeton Architectural Press




・関連記事
1本の巨木に4年をかけて彫り込まれた中国の巨大彫刻の壮大さと精密さにめまいを覚える BUZZAP!(バザップ!)

人間が透明に見える…完全に自然と一体化したボディペイントが凄まじいクオリティ BUZZAP!(バザップ!)

3人の少女とピタゴラ装置がコラボした、女の子向け「理系」おもちゃ会社のCMが秀逸と話題に BUZZAP!(バザップ!)

日常や自然に潜む数学の美しさを体感できる映像作品「BEAUTY OF MATHEMATICS」 BUZZAP!(バザップ!)

12597枚の水彩画で「ブレードランナー」を描いた究極のリミックス作品 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加