樹木の年輪を読み取り音楽として再生できる特製ターンテーブルの演奏動画「YEARS」がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



1年毎に刻まれる樹木の年輪。ここから過去の多くの情報を知ることができますが、もしターンテーブルで音楽を再生できたら素敵じゃありませんか?そんな素敵なターンテーブルをつくってしまった人がいました。

アーティストのBartholomaus Traubeckさんは樹木の年輪を音楽として再生するために、特別製のターンテーブルを作成しました。

このターンテーブルは樹木を針で直接「演奏」するわけではなく、ステッピングモーターの取り付けられたコントロールアームの先端のプレイステーション用のカメラPlaystation Eyeを使用しデータを読み込んでコンピュータに送り、DTMソフトのAbleton Liveを使用してピアノトラックとして出力しています。

これを応用すれば樹木だけでなくいろいろなもの(アナログレコードさえも)再生できることになってしまいます。音色は人間離れしてダイナミックである意味不気味です。

YEARS on Vimeo


即興演奏のバリエーションとして考えるといろいろできそうです。「樹齢500年の杉の木の音を聴く」なんて楽しみ方も面白いかもしれません。

What Tree Rings Sound Like Played on a Record Player LiveScience

Technics クォーツシンセサイザーD.D.プレーヤー シルバー SL-1200MK5-S
パナソニック (2002-11-01)
売り上げランキング: 58,439


・関連記事
再生するとサイケデリックなアニメーションが動き出すアナログレコード BUZZAP!(バザップ!)

【関西アナログレコード特集】7 20に行われた「京都レコード祭り」が鬼気迫る大盛況に BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリンタで音声データからアナログ・レコードが作成可能に BUZZAP!(バザップ!)

氷で自作するアナログ・レコード、もちろん聴けます BUZZAP!(バザップ!)

100年以上昔に作られた世界最古のDJシステム BUZZAP!(バザップ!)

これはたまらない!スターウォーズのファルコン号型のターンテーブル「Millennium 1200」 BUZZAP!(バザップ!)

自転車とDJブースを融合させるデバイス「Turntable Rider」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加