マジックミラーで立方体を作ったら完全に異次元な無限回廊が出現しました

このエントリーをはてなブックマークに追加



明るい側からは鏡に見えて、暗い側からは向こうが見えるマジックミラー。これで立方体を作って中でライトを光らせると…世にも不思議な無限回廊が出現します。

この作品「N-Light Membrane」を作り上げたのはデザイン集団のNumen/For Use。6つのマジックミラーを使って立方体を作り上げ、中でライトを点灯させると、明るい側からは鏡に見え、暗い側からは向こうが透けて見えるという特製によって無限回廊が出現します。

しかもこの作品、マジックミラーが伸び縮みする膜状の材質で作られており、ポンプが接続されているので空気の出し入れによって無限回廊がぐにゃぐにゃととんでもなく歪んでいきます。その様子の動画は以下から。

Numen-Light 01 www.numen.eu www.numen-light.eu - YouTube


こちらは別の確度から。

Numen-Light 02 www.numen.eu www.numen-light.eu - YouTube


これは中に入ってみたいですね。



・関連記事
これは完全に引き込まれる!ろくろで回転させた粘土に指で描くアナログで超サイケデリックな万華鏡 BUZZAP!(バザップ!)

光のマジック、ため息が出るほど緻密で幻想的なファンタジー世界を作り出す次世代の切り紙細工 BUZZAP!(バザップ!)

光のマジック、ため息が出るほど緻密で幻想的なファンタジー世界を作り出す次世代の切り紙細工 BUZZAP!(バザップ!)

自由?それとも危険?ぱっと見にはそこにあることが全く分からない「鏡のフェンス」 BUZZAP!(バザップ!)

目が離せないほど不思議、無から雪の結晶が形成されていく神秘的なタイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

まるで光学迷彩、周囲に溶け込んで見える不思議な建物いろいろ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加