日本通信が格安SIM「新b-mobile X SIM」発表、ついに1MB単位の戦いに

このエントリーをはてなブックマークに追加



大手携帯電話会社から回線を借り、「1日(または1ヶ月)○○MBまで高速通信可能、超過時は200kbps」といったサービスを格安で提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)。

昨今では1日あたりに利用できる通信量の多さなどを競っていますが、ついに1MB刻みの戦いに突入しました。

日本通信のプレスリリースによると、同社はイオンなどで販売されている「b-mobile X SIM(ビーモバイル エックス シム)」について、4月25日からプラン改定を行うそうです。

b-mobile X SIMは競合他社が提供している3つの通信パターン(プランI、プランN、プランB)から、毎月好きなプランを選んで自在にスイッチできる製品。プラン改定により、高速通信できるデータ量が増えます。


他社プランと比較したところ。料金そのままで「ちょっとだけ多い」を実現しています。


なんだかチキンレースのように見えなくもない今回の改定ですが、通信量が増えること自体はユーザーにとって喜ばしいこと。NTTドコモがMVNO向けのパケット接続料を5年間で10分の1程度にまで引き下げているため、今後も競争の活性化を期待できそうです。

・関連記事
日本通信が埋蔵金を発掘する新会社設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

au回線を使った格安スマホをケイ・オプティコムが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがMVNO本格参入で格安SIM販売か、ドコモに致命的なダメージも | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIMカードさらに値下げへ、NTTドコモがMVNO向けパケット接続料を半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加