息を呑むほど神秘的な青い炎を噴き上げるインドネシアの火山「カワ・エヘン」

このエントリーをはてなブックマークに追加



火山の噴き上げる炎、赤いイメージがありますが、この火山の炎は目の覚めるような青い色をしています。詳細は以下から。

インドネシアの東ジャワに存在するエヘンカルデラ。直径20kmのこのカルデラの中に複数ある火山のひとつがカワ・エヘンです。カワ・エヘンは1km程の広さのターコイス色のカルデラ湖を持ち、そこからは常に硫黄ガスが漏れ出しています。



夜になると、熱いガスはここでしか見られない不気味な青い輝きを発して燃え上がります。ガスは火山の割れ目から高圧で噴き出し、その温度は600度にも及びます。このガスが空気に触れると引火し、高さ5mまで青い炎が上がります。




ガスの一部は液体の硫黄と混ざり合って流れ落ち、その様子はまるで青い溶岩が流れているかのようです。



なお、カワ・エヘンは硫黄鉱山でもあります。この硫黄ガスが地元の鉱山労働者によってセラミックパイプに集められると溶融硫黄への変化します。さらにそれが流れだして地面の上で黄色い硫黄に変化し、鉱山労働者たちはそれを砕いてバスケットで製錬所へと運んでいきます。



この労働は1日13ドル程度の稼ぎですが非常に過酷で、有毒な硫黄ガスを吸い続けることから呼吸器系のトラブルが絶えません。彼らは暑い日差しを避け、また更なる収入を求めて夜にもこのように働き続けています。



こちらの動画では実際に青い炎が噴き上がり、青い溶岩が流れ落ちる様子を見ることができます。

KAWAH IJEN Le Mystere des Flammes Bleues - YouTube


Kawah Ijen, The Volcano That Spews Blue Flames Amusing Planet

多雨林と火山―インドネシアの自然と人々
児玉 茂
古今書院
売り上げランキング: 2,253,120

・関連記事
飛び散る溶岩をかい潜り、活火山の噴火口を小型無人ヘリで撮影した圧巻の映像 BUZZAP!(バザップ!)

【実験】コカ・コーラの缶と溶岩流が戦ったらどっちが強いのか? BUZZAP!(バザップ!)

44億年前の「地球最古の欠片」とされるジルコンのクリスタルが発見される BUZZAP!(バザップ!)

密封されたままで40年以上生き続ける、外界と途絶した瓶詰めの自給自足生態系 BUZZAP!(バザップ!)

火山噴火の瞬間に生じた衝撃波を克明に捉えたタイムラプスムービー BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加