auの2014年夏モデルは「LTE-Advanced」「WiMAX 2+」対応、WiMAX 2+は無料提供で基地局急拡大も

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが2014年夏モデルとして、発表した各機種について、下り最大75MpbsのLTEを2つ束ねて高速化する「LTE-Advanced(CA)」および下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」に対応することが明らかになりました。

「LTE-Advanced(CA)」「WiMAX 2+」に対応するのは以下の6機種。利用環境に合わせて最適なネットワークを自動選択する仕組みが導入されます。

isai FL LGL24(LG製、7月下旬発売予定)


Xperia ZL2 SOL25(ソニー製、5月下旬発売予定)


Galaxy S5 SCL23(Samsung製、5月中旬発売予定)


AQUOS SERIE SHL25(シャープ製、6月下旬発売予定)


URBANO L03(京セラ製、7月上旬発売予定)


Xperia Z2 Tablet SOT21(ソニー製、7月中旬発売予定)


なお、WiMAX 2+対応のau 4G LTEスマホ・タブレットを利用している場合、「LTE NET」「LTE NET for DATA」に加入することで「WiMAX 2+」を無料で利用可能になります。

KDDIによると、CAにより下り最大150Mbpsを実現する基地局は2015年3月には2万局程度まで拡大予定。







WiMAX 2+基地局も年度末に2万局まで引き上げられます。


WiMAX 2+は1Gbpsにまで高速化される予定。年内には220Mbpsになります。




au公式ページは以下。

2014 SUMMER SELECTION | au

・関連記事
KDDI(au)が2014年夏モデル発表、WiMAX 2+対応・国内最高性能のisai FL・Torqueなど目玉ラッシュに | BUZZAP!(バザップ!)

圧倒的なエリアと転送量無制限、最強のWiMAX 2+ルーター「Wi-Fi WALKER HWD14」を1ヶ月間使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

au回線を使った格安スマホをケイ・オプティコムが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTのセット割解禁に異議を唱えたKDDIとソフトバンク、自社網整備で立ち位置の違いが明白に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIやソフトバンクがNTTのセット割解禁に戦々恐々とするワケ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加