シャープがiPhone 6向け液晶製造から脱落か、iPad向けも供給打ち切り

このエントリーをはてなブックマークに追加



秋に発売されるとみられるiPhone 6のディスプレイについて、シャープがAppleから受注を獲得できない可能性があることが明らかになりました。

群創觸控 獲iPhone 6認證 | 科技産業 | 財経産業 | 聯合新聞網

台湾の聯合新聞網が報じたところによると、Appleは4.7インチモデルのiPhone 6向けディスプレイの生産委託先について、ジャパンディスプレイ(JDI)とLGディスプレイの2社を内定したそうです。

通常、iPhone向け液晶は3社で供給する形となっており、JDIとLG、そしてシャープの3社が担当してきましたが、モアレが発生することから、シャープが3社目の枠から脱落したとのこと。

また、シャープと並んで候補に上がっていたSamsungはAppleとの法廷闘争を受けて見送られ、代わりに世界三大液晶パネルメーカーの1つで、台湾・Foxconnグループの液晶パネル製造会社「INNOLUX」が初めて参入するとされています。

iPhone 6 display specs: LG, Japan Display and Innolux to make it | BGR

なお、上記記事では最近、シャープがiPad mini向けディスプレイの供給からも外されたと報告されており、Apple専用工場として稼働している亀山第1工場への影響が気になる事態に。

iPhone 6向け液晶供給メーカーにシャープが選ばれたことを3月末に日本経済新聞社が報じていましたが、5.5インチないし5.6インチモデルでは製造を担当するのでしょうか……?

・関連記事
iPhoneの音質が飛躍的に向上か、AppleがまもなくBeats Electronicsを買収へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6の大画面っぷりをiPhone 5sと比較してみたムービー | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6とされるデザインが新たに公開、驚くほど薄型・狭額縁に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6の詳細流出か、ウルトラRetinaディスプレイやA8プロセッサ(2.6GHz)搭載で超薄型に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加