「全部ガラスのiPhone」などを作るための特許をAppleが取得、金属筐体に続くトレンドか

このエントリーをはてなブックマークに追加



AppleがすべてガラスでできたiPhoneなどを製造するための特許を取得しました。高級感を持たせるため、樹脂製から金属製の筐体へと移行してきたスマートフォンですが、次はガラス製がヒットするのでしょうか。

Apple patents method of building seamless all-glass iOS devices, monitors and TVs

大手メディア「Appleinsider」の報道によると、Appleが継ぎ目の無いガラス製の筐体を採用した電子機器を効率的に製造する特許を取得したことがアメリカ特許商標庁の公式ページから明らかになったそうです。


これはガラス素材を機械的に加工することで、耐久性を確保しつつ、軽量さと見た目の美しさを実現するという製法で、公開されたイメージでは同技術を丸みを帯びたエッジやフレキシブルディスプレイとメディアプレーヤーなどに活用することが想定されています。


ガラスの隆起した部分も面状のガラスに融合させることで強度を維持。切り欠きはボタンや他の物理的デバイスを制御するための穴として機能することを意図したものです。


また、テレビやモニターのようなスタンド付きデバイスをガラス化した際の製法も特許に含まれており、Appleは小さなものから大きなものまでガラス化することを検討していることが分かります。

・関連記事
シャープがiPhone 6向け液晶製造から脱落か、iPad向けも供給打ち切り | BUZZAP!(バザップ!)

iWatchは10月発売へ、Samsungやソニーを大きく上回る規模の生産数に | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが新型iPod touch発表、本体価格も大幅値下げ | BUZZAP!(バザップ!)

新興スマホメーカー「Xiaomi(小米)」が恐ろしい勢いで成長、1社でHTCなどの台湾勢を蹴散らす | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加