99ドルの格安Windowsタブレットや199ドルパソコン「HP Stream」発売へ、マイクロソフトがChromebookに対抗

このエントリーをはてなブックマークに追加



格安パソコン「Chromebook」で攻勢をかけるGoogle対抗にマイクロソフトが本腰を入れることが明らかになりました。

マイクロソフトのCOO(最高執行責任者)、Kevin Turner氏がパートナー向けのイベント「Microsoft Worldwide Partner Conference 2014(WPC 2014)」で明かしたところによると、年内にHPから13~14インチのノートパソコン「HP Stream」が199ドルで発売されるそうです。

また、Acerや東芝といったメーカーからも同様のノートパソコンが発売される見通しであるほか、7~8インチ液晶を備えた99ドルのWindows 8.1タブレットもラインナップされる見通し。プロセッサにはIntelのAtomシリーズ「Bay Trail」が採用されるとしています。

タブレットやスマートフォンに押されてパソコンのシェアが低下する中、条件付きとはいえOSのライセンス料無償化に踏みきるなど、逆転に向けて舵を切り始めたマイクロソフト。99ドル、199ドルという価格は非常に魅力的ですが、はたしてどのようなスペックとなるのでしょうか。

WPC: Microsoft kundigt 99-Dollar-Tablets & 199-Dollar-Laptops an - WinFuture.de

・関連記事
極地戦仕様で超頑丈なWindows 8フォン「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」をKDDIが発売 | BUZZAP!(バザップ!)

マイクロソフトがようやく本腰、Windows Phone 8.1無料化やスタートボタン復活も | BUZZAP!(バザップ!)

国内発売も浮上したソニー製Windows Phone、まもなく登場か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加