ワイモバイル新機種「STREAM S 302HW」速攻レビュー、Ascend P6ベースで高級感とリーズナブルを両立

このエントリーをはてなブックマークに追加



「STREAM X GL07S」に続くHuawei製のリーズナブルなスマホ「STREAM S 302HW」がワイモバイル初のスマホとして発売されることになったのでレビューをお届けします。

約4.7インチHD(1280×720)液晶、KIRIN 910(1.6GHz、クアッドコア)、2GB RAMを搭載した「STREAM S 302HW」。SIMフリー版が2万9800円で発売されている「Ascend P6」ベースのモデルです。


液晶とタッチパネルの間に物理的な空間が存在しないことによって反射が少なくて発色も良く、視野角も広いジャパンディスプレイ製のインセル液晶を採用。


金属製で高級感あるフルフラットのボディが特徴。ソニーのCMOSセンサー「Exmor RS」を採用した800万画素カメラを背面に搭載しています。


4cmまで接写でき、美肌に撮れる機能も。美肌撮影はフロントカメラ(500万画素)でも可能なため、自分撮りも快適にできます。



サイドもスマート。




SIMカードスロットなどを開けるためのピンが付属しています。



Yahoo!JAPANの各種サービスがプリインストール。




カラーバリエーションは誰にでも好まれるあっさりとしたピンク、ブラック、ホワイトの3色。



実際に使ってみたところ。特段引っかかりがあるわけでもなく、十分使えるレスポンスです。

ワイモバイル新機種「STREAM S 302HW」を触ってみた - YouTube


関係者の情報から昨年12月の時点で発売自体は予見されていたものの、イー・アクセスとウィルコム統合のゴタゴタで遅れた感のある「Ascend P6」ベースの「STREAM S 302HW」。しかし端末自体のコストパフォーマンスの良さやワイモバイル新プランの料金の安さで主力モデルとして活躍することとなりそうです。

・STREAM S 302HW(Huawei製、8月1日発売予定)
ディスプレイ:約4.7インチHD(1280×720)液晶
CPU:KIRIN 910(1.6GHz、クアッドコア)
メモリ:2GB RAM、8GB ROM
背面カメラ:800万画素
フロントカメラ:500万画素
3G:900MHz、1.7GHz、2.1GHz
LTE:1.7GHz
AXGP:非対応
防水・防塵:-
バッテリー容量:2000mAh
OS:Android 4.4

・関連記事
ワイモバイル初の新機種、新料金プランまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが新規周波数帯の割り当て対象から除外、「4G」参入先送りに | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】下り最大110MbpsのAXGPが無制限で使い放題の「Yahoo!BB Air」がこっそり展開中 | BUZZAP!(バザップ!)

もうすぐ消えるウィルコムが見せてくれた夢、初の国産スマホ「W-ZERO3 WS003SH」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加