au版iPhone 6で使える下り最大150Mbps対応LTE基地局が2万局に拡大へ、キャリアアグリゲーションが奏功

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 6で利用できる下り最大150Mbpsのau 4G LTE基地局が急拡大していることが明らかになりました。

先ほど発表された150Mbps対応基地局数の推移。2つのLTEを束ねて高速化する「キャリアアグリゲーション」を5月に導入したことで、9月10日に1万局を突破。12月までに2万局にまで拡大する予定です。


なお、キャリアアグリゲーションを用いれば、どちらかの電波が弱くなっても、もう一つの電波で補完が可能に。高速化だけでなく通信の安定化にも欠かせない技術です。

・関連記事
iPhone 6でソフトバンクの一人負け加速、auは悲願の通話中データ通信解禁へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6のSIMフリー版、5sよりも安価で販売されることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6商戦はドコモの一人相撲に?au・ソフトバンクがタブーとなった「秋モデル」を投入するワケ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6・iPhone 6 Plus・Apple Watch正式発表、128GBモデル追加で9月19日発売 | BUZZAP!(バザップ!)

AQUOS CRYSTAL 305SH同梱のスピーカー、「予約特典」などと偽る売り方をソフトバンクショップが展開 | BUZZAP!(バザップ!)

初見殺しが多すぎるソフトバンクの「落とし穴」を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本でのiPhone人気、キャッシュバック終了と共に急降下していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

世界初のフレームレススマホ「AQUOS CRYSTAL」速攻レビュー、本体実質0円でHARMAN製スピーカーも付属 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加