「UQ Mobile」誕生か、UQコミュニケーションズが携帯電話事業に参入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



WiMAXやWiMAX 2+といったモバイルブロードバンドサービスで知られるKDDI傘下のUQコミュニケーションズが「UQ Mobile(ユーキューモバイル)」として携帯電話事業に参入することが明らかになりました。安価なスマホの投入も予定されています。詳細は以下から。

携帯電話業界の情報をリークする目的で開設されたアカウントの日本語版「@evleaksJP」によると、UQコミュニケーションズが携帯電話事業に参入し、廉価スマホ「LG G3 Beat」を投入する方針であるそうです。

LG G3 BeatがUQ Mobile(KDDIバリューイネイブラー)に投入される模様です。型番はLG-D722J。


「LG G3 Beat」本体。5インチHD(1280×720)IPS液晶、Snapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)、1GB RAM、800万画素カメラを搭載し、FDD-LTEおよびWiMAX 2+と互換性を持つTD-LTEに対応。画面をダブルタップすれば画面がオンになる「Knock Code」など、LGならではの便利機能を備えています。


なお、割り当てられた周波数帯や採用している通信方式の関係上、UQコミュニケーションズ単体では携帯電話サービスに参入できませんが、au回線を採用した格安MVNOをパートナー企業と共に推進するKDDIの新事業「KDDIバリューイネイブラー(KVE)」を通じて携帯電話事業へと参入する方針。


au回線を用いたMVNOが増えれば増えるほど回線接続料などのコストが引き下げられ、ドコモ回線を用いたMVNOのように低価格化・サービスの多様化を期待できるため、KVEやUQ Mobileの今後を見守りたいところです。

・2014年12月11日追記
正式発表が行われました。

【速報】au回線の格安MVNO「UQ mobile」始動、1980円の「データ無制限プラン」も

・関連記事
WiMAX 2+が下り最大220Mbpsに増速決定、WiMAXは13.3Mbpsに減速&ルーター無料交換へ | BUZZAP!(バザップ!)

au回線で格安MVNOを推進する「KDDIバリューイネイブラー(KVE)」設立、KDDIの低価格ブランドとしても展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6徹底解説、大画面化やキャリアアグリゲーション、VoLTE、AXGP・WiMAX 2+対応で何が変わるのか | BUZZAP!(バザップ!)

au回線の格安MVNO「mineo(マイネオ)」がWiMAX 2+とCAに正式対応、3GBプランや最新全部入りスマホも投入 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加